読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドラマなブログ。

ドラマのキャスト・相関図・視聴率速報・あらすじ・ネタバレ・感想ブログです。俳優、女優、子役のプロフィール紹介、出演情報など。ドラマ主題歌、再放送予定など関連情報も。

ワンピースから学ぶリーダーシップ論 第二回 「リーダーとフォロワー」 白ひげとルフィの違いとは?

リーダーシップについて議論するとき、リーダーシップを発揮する「リーダー」の視点からだけでなく、リーダーシップを受ける側「フォロワー」の視点からも議論しなくては適切とは言えません。

 

周りの人がどんなにそのリーダーを評価していても、それを受ける側であるフォロワーが不満に思っているようでは優れたリーダーシップが発揮されているとは言えませんからね。

 

会社でも、部長や役員から評価が高い課長が、必ずしも部下から評価されているとは限りませんよね?

 

では、フォロワーの視点でリーダーシップを考えるとはどういうことなのかというと、それは「フォロワーがリーダーについていく上での判断や行動の基準が何なのか?」を明らかにする、ということです。

 

これについてはハーバード大のハイフェッツ教授の定義が有名です。

彼によるとフォロワーから見たリーダーシップには以下の2つのモードがあると定義されています。

 

1.受動的なフォロワーによる定義

フォロワーはリーダーのビジョンをほぼそのまま受け入れ、その実現のためリーダーの指示に従って行動する。そのため、リーダーはフォロワーの行動に対して全責任を負うことを了承している。各フォロワーがそれぞれ個別のミッションを与えられて行動し、それをリーダーがとりまとめているイメージ。

つまりフォロワーが「リーダーのビジョンに共感したので従おう!」と考えるようなリーダーシップが発揮されているという状況です。

 

2.能動的なフォロワーによる定義

フォロワーはリーダーのビジョンを受け入れるのではなく賛同し、自らの意志でその実現に向けて行動する。リーダーはそのための助力やチーム内の連携を高める役割を担うイメージ。

つまりフォロワーが「リーダーのビジョンを自分のビジョンに置き換えて考える」ようなリーダーシップが発揮されている状況です。

 

 

この2つのリーダーシップの定義を、白ひげとルフィの比較で説明したいと思います。

 

   

まず始めに結論から言うと、白ひげは1の「受動的フォロワーによる定義」で、ルフィは2の「能動定期フォロワーによる定義」で説明できます。

 

 例えば、白ひげのフォロワーである部下・エースは、白ひげが単に海賊王を目指しているというだけではなく、「部下を家族のように扱う」というビジョンに惹かれ、白ひげの傘下に下りました。

その後は白ひげを海賊王にするべく、彼のために働くことを決意しています。

白ひげはエースにとって絶対的な存在であり、その指示に背くということは
基本的にありえません。

二人の間には完全な上下関係が存在しており、これは受動的フォロワーの特徴です。


一方、ルフィを船長とする麦わら海賊団についてはどうでしょうか?


ルフィは船長なのでリーダー、その他のクルーはフォロワーということに
なりますが、その他のクルーとルフィの関係性を見てみると、
明確な上下関係は見当たりません。


クルーたちは、ルフィの意見が間違っていると感じれば反対もするし、
逆に必要と感じればルフィに対して指示を出す場合すらあります。


クルーの共通認識としてルフィを海賊王にする、という大きなビジョンは
共有しているようですが、クルーたちは目の前の問題に対しては
自分自身で考えて行動し、ルフィの判断を待たずに決断していきます。

そしてルフィもそれを容認し、クルーが働きやすいように過度の干渉は
しないようにしています。
(といってもルフィの場合には難しいことが理解できないだけ、という
こともありますが)

これらの状況から見て、麦わら海賊団では能動的フォロワーの定義が
当てはまると考えられます。

f:id:tetsutylor:20150516220409j:plain



この2つのフォロワーの定義は、どちらが良い、悪いということではなく
状況によってどちらを選ぶのかを考えるものです。

ただひとつ言えることは、能動的フォロワーを抱える組織の方は、
フォロワー自身が問題意識を持って行動しているため、万が一リーダーが
いなくなってしまったとしても、その意思だけはフォロワーに継承され、
立ち止まることなく進み続けることができるという点で優れていると言えます。

一方、受動的フォロワーを抱える組織の方は、リーダーの指示に従うこと
に慣れてしまっているために、リーダーが倒れたときには
意思が継承されにくく、さらにはリーダーのカリスマ性が強ければ強いほど、
後を継ぐリーダーはそれを超える能力をフォロワーから期待されてしまうため、引継ぎが難しくなるという問題が起きやすいと言われています。

 

ワンピースでも、白ひげが倒れた後の白ひげ海賊団の後継者は決まっておらず、ほかの海賊団に勢力を奪われています。一方、頂上決戦の後、ばらばらになってしまった麦わら海賊団でしたが、それぞれがルフィの意志をくみ取りつつ能動的に行動することで、離れてはいてもチームとしてのまとまりは失いませんでした。

 

以上の通り、フォロワーにとってリーダーがどのような影響を与えているのか、ということを明らかにすることも、リーダーシップを考えるうえで重要な点であるということがお分かりいただけたのではないでしょうか。

 

 

 

tetsutyler-durden.hatenablog.com

tetsutyler-durden.hatenablog.com