ドラマなブログ。

ドラマのキャスト・相関図・視聴率速報・あらすじ・ネタバレ・感想ブログです。俳優、女優、子役のプロフィール紹介、出演情報など。ドラマ主題歌、再放送予定など関連情報も。

シーンで覚える英語「仮定法過去 その1」らんま1/2より

仮定法過去 その1

  • 解説
 
「仮定法過去」とは、「事実とは反対のことを言うための表現」です。

例えば「もし〜なら、〜できるのに」といったような表現です。

これを英語で表現する場合は、「現在のことだが、過去形を使う」という決まりがあります。


 
If+ 主語 + (助)動詞の過去形 ~ ,
主語 + would(could, should, might) + 動詞の原形 ~ .

意味は、「もし~だったら、~だろう
(~できるのに、~すべきだ、~かもしれない)」となります。


主節の動詞だけでなく、従属節も過去形にする必要があり、
従属節には「would,could, should, might」のいずれかが使われます。
忘れないようにしましょう。

 

  • 問題

絵と例文をみて英語で答えましょう。

f:id:tetsutylor:20150801233359j:image

もし私が彼女なら、彼の申し出を受け入れるのに。

 
 
  • 答え 
If I were her, I would accept his offer.