読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドラマなブログ。

ドラマのキャスト・相関図・視聴率速報・あらすじ・ネタバレ・感想ブログです。俳優、女優、子役のプロフィール紹介、出演情報など。ドラマ主題歌、再放送予定など関連情報も。

アンジャッシュ児嶋一哉『臨床犯罪学者火村英生の推理』征夫のマネージャー・城戸役!俳優としての実力は?和み要員?

臨床犯罪学者 火村英生

ドラマ『臨床犯罪学者火村英生の推理』の第3話にゲスト出演しているのが、アンジャッシュ児嶋一哉さんです!

 

f:id:tetsutylor:20160131065822j:plain

 

児嶋一哉さんといえば、渡部建さんとのコンビ・アンジャッシュのボケ担当(ピンの時はキレ芸でツッコミのことが多いですが)として有名ですが、実は俳優としてのキャリアも実績も結構豊富な、今、注目の中堅俳優なんです。

 

 

出演作品は映画からドラマまで多数

 

2008年に映画『トウキョウソナタ』に出演したことがきっかけで、その自然な演技が注目され、以降は『クヒオ大佐』『恋の罪』『HERO』など数々の映画に出演されています。

ドラマでは2010年にNHK大河『龍馬伝』に出演してからは毎年、必ずドラマの仕事をされており、どれも脇役ながら存在感のある演技を見せています。

   

 

俳優としての実力は?

 

児嶋さんは取材で自身の俳優としての実力について応え、「自分は芸人なので、芸人としては演技が上手いと言われますが、本物の俳優さんと比べると、思ったより下手じゃないというレベル」と感じているそう。

「演技派要員ではなく、芸人が出演することで場が和むことをねらった”和み要員”なんです」と、自分のポジションを冷静に分析されていました。

 

アンジャッシュ児嶋一哉「僕は和み要員」 人気芸人が俳優を続ける理由 - 映画 - ニュース - クランクイン!

 

自分の置かれている状況を分析したり、セリフのやり取りで相手との間合いをはかったり、というのは、普段芸人さんがバラエティ番組などでトークをしている中で磨かれているスキルが活きているんだろうなと思います。

 

児嶋さんが一発ギャグや強烈な個性がなくても、芸人としても俳優としても評価されているのは、そういった「人との間での立ち振る舞い方」のコツを覚えているからなんでしょうね。