ドラマなブログ。

ドラマのキャスト・相関図・視聴率速報・あらすじ・ネタバレ・感想ブログです。俳優、女優、子役のプロフィール紹介、出演情報など。ドラマ主題歌、再放送予定など関連情報も。

『わたしを離さないで』第6話あらすじ・ネタバレ・動画・第2章コテージ編最終回!”猶予”を獲得するための条件とは?

ドラマ『わたしを離さないで』の第6話について情報がアップされました!

 

第6話 予告動画

youtu.be

 

第6話 あらすじ・ネタバレ

 

思わず友彦(三浦春馬)に好きだと言ってしまった恭子(綾瀬はるか)。やってしまったと頭を抱える恭子だったが、美和(水川あさみ)の知らないところで友彦と秘密を共有することに内心では興奮していた。

一方、友彦は龍子(伊藤歩)からの手紙によって「陽光出身者で、ある条件を満たせば提供が始まるまで3年間自由に過ごせる“猶予”を得ることが出来る」という噂が本当で、それは絵を描くことでもらえるものだと確信し、恭子との猶予を獲得するため嫌いだった絵を描くことを決意する。

ある日突然、真実(中井ノエミ)が恭子のもとへやって来た。
「恭子の顔を見に来ただけ」と笑う真実だったが、普段との様子の違いに恭子は不安を覚える…。

http://www.tbs.co.jp/never-let-me-go/story/

   

 

ついに第2章コテージ編も最終回となります。

陽光出身者だけがもらえるという猶予は本当に存在するのか?龍子が手紙で語った陽光が子どもたちを守るために考えて行動してきたこととは一体何なのか?

前回はいきなりこれらの謎が登場して一気にストーリーが動き始めた感じがしました。

そして、恭子、友彦、美和の三角関係にも変化が訪れることになります。

気になることが満載ですね。

 

友彦は”猶予”の条件が「絵を描くこと」に何らか関係していると考えていますが、はたしてそうなんでしょうか?

そもそも本当にそんな特権が陽光出身者に与えられているのか?

 

これらの疑問が第6話でどれくらい明かされるのかはわかりませんが、見逃せない展開になることだけは間違いないですね!