ドラマなブログ。

ドラマのキャスト・相関図・視聴率速報・あらすじ・ネタバレ・感想ブログです。俳優、女優、子役のプロフィール紹介、出演情報など。ドラマ主題歌、再放送予定など関連情報も。

『真田丸』第7話【奪回】あらすじネタバレ!昌幸の二枚舌炸裂!とりが大活躍!信繁はまたしても救出失敗!

真田丸』第7話【奪回】のあらすじネタバレです。

 

詳細になりますのでネタバレNGの方はご注意ください。

 

 

第7話【奪回】あらすじの詳細ネタバレ

 

f:id:tetsutylor:20160217182022j:plain

 

滝川一益が北条軍に攻められている間に真田昌幸はまんまと沼田城と岩櫃城を取り返すことに成功。

 

さらに人質として捉えられている母・とりがいる箕輪城へ乗り込む。

 

昌幸に騙されているとも知らない一益は、沼田と岩櫃は真田に返すが、自分が信濃から無事退却するまでは人質は預かると告げる。

昌幸はそ知らぬふりでこれをやり過ごし、とり奪回は信繁に任せて退却する。

 

   

その後、昌幸の裏切りを知った一益は激怒し、信繁のとり奪回計画も失敗。

信繁たちは一益が無事信濃を抜けるための交換条件として、南信濃の木曽義昌に引き渡される。

 

ここでとりが大活躍。武田家重臣だった夫・幸隆の妻として、一家臣に過ぎなかった木曽義昌にも顔が利き、人質から一転、平手打ちで義昌を従わせてしまう。

 

とりのお陰で解放され帰郷できた信繁は昌幸に叱られる。

 

そして自分が信濃の大名となるための策を巡らせ、その手始めとして、北条との関係強化のために上杉家臣の春日信達を裏切らせるよう信繁に命じるのだった。

真田丸(前編) [ 三谷幸喜 ]
価格:1188円(税込、送料込)


 

 

 

見どころ

 

今回の見どころは、昌幸に騙されているとも知らずに、仁義の心から城を返そうとする段田安則さん演じる滝川一益です。

こんなことされたら誰だってぶち切れますよね。

よくその場で堺雅人さんか草笛光子さんを殺さなかったなと。

 

そして殺されずにすんだ草笛光子さん演じるとりの活躍。

とりについては実際に木曽義昌に対してどれくらいつながりがあったのかはわかりませんが、幸隆の妻として武田信玄とも面識があるほどの人物だったということは確かなようです。

この辺りの「大胆な仮説」が三谷幸喜流の大河ドラマの描き方なんでしょう。この先も期待がもてますね。