ドラマなブログ。

ドラマのキャスト・相関図・視聴率速報・あらすじ・ネタバレ・感想ブログです。俳優、女優、子役のプロフィール紹介、出演情報など。ドラマ主題歌、再放送予定など関連情報も。

『わたしを離さないで』第6話ネタバレ・感想・あらすじ・見どころ!真実の最期・中井ノエミが主人公の回・真実の愛とは?

ドラマ『わたしを離さないで』第6話のネタバレ・感想・見どころをレポートします。

 

 

第6話 あらすじ

f:id:tetsutylor:20160220091504j:plain

友彦に好きだと伝えた恭子。しかし美和の手前、二人では会わずに秘密を共有している状態だった。

友彦は龍子先生の手紙を信じ、陽光出身者に与えられるかもしれない「猶予」を期待してこっそりと絵の練習を始める。

一方、提供者としての運命から逃れるべく活動していた真実だったが、仲間が事件を起こして警察から追われる身に。そして突然、恭子に会いにやってくる。

友彦との関係について恭子から相談された真実は、自分の幸せのために生きる権利は誰にでもあると告げ、恭子の行動を後押しする。

これ以上警察から逃げきれないと感じた真実は、自らの手首を切り、死の間際に街頭で市民に自らの思い、提供者制度への疑問を投げかける。

恭子は友彦とともに生きていくことを決意するが、美和が恭子の乱れた性生活を友彦に暴露され、友彦のことを自ら諦めてしまう。さらに追い打ちをかけるように真実の死を知った恭子は、未来に希望を持てなくなり一人でコテージを去るのだった。

   

感想・見どころ

 

 今回は中井ノエミさん演じる真実が話の主人公となっている回でしたね。

中井ノエミさんは、これまで出演したドラマでは、綺麗な外国人のお姉さん、という役柄ばかりだったので、今回のようにタバコを吸ったり、体全体を使って大声で何かを訴えたりするような演技は、観ていて新鮮というよりもあまりにギャップがありすぎて違和感がありました。

ただ、最期を迎える間際の演説シーンは鬼気迫る感じが圧巻でした。

 

 

tetsutyler-durden.hatenablog.com

 

前回の次回予告で、真実は提供以外のことで死んでしまうというのはわかっていましたが、自殺とは思いませんでした。権力的なものの力で殺されてしまうのかと。でも警察に追われたうえでの自殺だから似たようなものかもしれませんね。

 

その行動を恭子たちは「自分のために命を使った」と表現していましたが、正確には、これから先に生まれてくる「提供者」のため、または「公共の福祉」のために使ったと言えるのではないかと思いました。

 

一方、恭子と友彦、美和の関係が崩壊したシーン。予想ではもっと美和が一方的に恭子を陥れるような行動をとるのかと思っていましたが、そこまでではなかったですね。

美和が言った「真実に愛し合っている人同士が猶予を得られるという条件に、恭子の乱れた性生活は当てはまらない」というのは確かに言いたくなってしまうよなと。

ただもっと深く考えれば、体を重ねなければ真実の愛は得られないのかと言われればそうではないと思います。体に障害があって性行為ができなくても愛し合っている人はいるわけなので、そう考えると性行為と愛に関係はないということになりますからね。

 

色々と考えさせられるドラマですね。