ドラマなブログ。

ドラマのキャスト・相関図・視聴率速報・あらすじ・ネタバレ・感想ブログです。俳優、女優、子役のプロフィール紹介、出演情報など。ドラマ主題歌、再放送予定など関連情報も。

『真田丸』第8話【調略】あらすじ・ネタバレ・見どころ!二重三重の昌幸の策略!真の狙いは信濃独立!孫子の兵法「戦わずして勝つ」

NHK大河ドラマ真田丸』の第8話【調略】のあらすじ・ネタバレです。

 

詳細になりますのでネタバレNGの方はご注意ください。

 

 

第8話【調略】ネタバレ

f:id:tetsutylor:20160224151840j:plain

 

北条への手土産として上杉家臣の春日信達の調略に取り組む信繁と叔父・信尹(のぶた

だ)

経験豊富な信尹の活躍で調略は上手く進んだかに見えたが、最後のひと押しを信繁が誤ってしまい頓挫してしまう。

 

調略に時間がかかってしまったため昌幸は結果を待たずに北条へ調略成功と伝える。

この報告に対し北条氏政は喜びと感謝の意を述べるが、子・氏直は不快感を態度に出してしまう。

この氏直の様子をみた昌幸と出浦昌相は、氏直を策に嵌める手ごたえをつかむ。

 

一方、上杉景勝には昌幸の裏切りが露呈。窮地の信尹は、昌幸とは縁を切り上杉家に仕えるという芝居を打ちその場を切り抜ける。

そしてすぐさま春日信達の元へ出向き、今度は完全に北条側へ寝返らせることに成功する。

これで昌幸は見事、北条の信頼を得ていくのか、と思いきや、ここからが昌幸の本当の策略の始まりだった。

 

   

 

昌幸の真の狙いは、自らの手を汚さず、上杉も北条も信濃から追い出して真田が国衆の中心となりこの地を納めるというものだった。

 

信尹は調略に成功したのち、さらに春日信達が勝手に裏切ったと景勝と兼続に嘘をつき、信達を裏切者として失脚させ上杉家を混乱に陥れる。

その一方で北条へも春日信達の調略が暴露してしまったことを佐助を使ってばらし、氏直を動揺させ北条を退却させる。そして実際には進軍してきていない上杉軍への殿をまかされるように仕向けることに成功したのだった。

 

しかし、嘘と偽りばかりで相手を陥れる昌幸や信尹のやり方に納得できない信繁だった。

 

 

見どころ

 

 今回は草刈正雄さん演じる真田昌幸の狡猾な策略を存分に味わえるドキドキの展開です。

上杉や北条という大名を相手にして手玉にとってしまうという「小が大を食う」という構図は見ていて痛快だと思います。

 

勇猛果敢で有名な武田軍の武士として育った信繁にとっては、このようなやり方は潔さがない、と納得できないのは若さと知識の足りなさを表しています。

そもそも戦国最強を歌われた武田信玄が旗印にも採用した「風林火山」の元となる兵法書孫子兵法書』には、「戦わずして勝つことこそ最高の勝ち方」と書かれています。

まんがで身につく孫子の兵法 [ 長尾一洋 ]

まんがで身につく孫子の兵法 [ 長尾一洋 ]
価格:1,296円(税込、送料込)

 

なので、このような調略をもって相手を陥れる術こそが戦国の世を生き抜くために身につけなければならないことだったんです。

そのことを今後、信繁は失敗を繰り返しながら学んでいくことになるのですが、今はその失敗による経験値をためる時期です。しばらくは昌幸の狡猾さを視聴者も楽しむことになると思います。