読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドラマなブログ。

ドラマのキャスト・相関図・視聴率速報・あらすじ・ネタバレ・感想ブログです。俳優、女優、子役のプロフィール紹介、出演情報など。ドラマ主題歌、再放送予定など関連情報も。

『臨床犯罪学者火村英生の推理』第8話あらすじ・ネタバレ【原作:アポロンのナイフ】犯人・事件の真相は?キーポイントは凶器?

臨床犯罪学者 火村英生

ドラマ『臨床犯罪学者火村英生の推理』第8話のネタバレ・あらすじをご紹介します。

 

 

第8話の原作は『菩提樹荘の殺人』に収録されている短編『アポロンのナイフ』です。

 

菩提樹荘の殺人 [ 有栖川有栖 ]

菩提樹荘の殺人 [ 有栖川有栖 ]
価格:637円(税込、送料込)

 

 

 

第8話 あらすじ まとめ

 

f:id:tetsutylor:20160302141049j:plain

 

・東京でシャングリラ十字軍の若者2人が殺害される事件が発生。

・犯人は「切り裂き王子」「アポロン」と呼ばれてネットで話題の高校生では?とのうわさが立つ

・火村(斎藤工は以前、シャングリラ十字軍の指導者・諸星(長谷川京子がその事件の犯人は未成年だと言っていたことを思い出す。

・アリス(窪田正孝は、“アポロン”と呼ばれる少年・坂亦清音(小野寺晃良)の写真をネットで見つけ、それを見た時絵(夏木マリは、京都で会ったと話す。

・そのころ、高校生の尾木紫苑と座間剣介が連続して刺殺される事件が発生。

・紫苑が殺害された後に、剣介が殺害され、死の直前に紫苑宛てにメールを送っていたことから、アポロンによる犯行が疑われた。

・一方、朱美(山本美月は、公園で坂亦と出会う。朱美は坂亦と読書の話をするうち、意気投合するが、彼の言動に不穏なものを感じた。

・火村とアリスは、剣介の遺体を発見した安納守之(泉谷しげるの家を訪ね話を聞くうち、彼の行動に違和感を覚えるのだった。
 

   

ネタバレ・犯人・事件の真相は?

 

今回も二つの事件が絡む複雑な事件です。一つは東京で起きた殺人事件、もう一つは京都で起きた高校生刺殺事件。

これらの犯人は同一人物で、そしてネットで話題の「アポロン=坂亦清音」なのでしょうか?

 

東京で起きた殺人事件は、以前の放送回で坂亦くんが殺人を犯しているシーンがあったので、これは視聴者としては彼が犯人であることは疑いようがありません。

 

問題は京都で起こった高校生刺殺事件です。

現場の状況と第一発見者である泉谷しげるさん演じる安納守之の証言から、アポロンの犯行である可能性が高いとされています。

 

ちなみに「アポロン」という名前は、坂亦の容姿が西洋人のようであることからつけられたあだ名だそうです。

 

アポロン」の犯行かどうかを検証するのに、おそらくキーポイントになってくるのはその凶器ではないでしょうか。

7話で京都に向かう坂亦がバッグにナイフをしまうシーンがありましたよね。けっこう大き目のナイフを1本持っていました。

このナイフが二つの事件の凶器だとすれば、どちらも彼の犯行です。しかし違うのであれば・・・。

 

もう一つキーになるのは二つの事件の犯人の犯行動機です。

坂亦はなぜ殺人を犯したのか?

 

そしてこれまでも少しづつ語られてきた火村の殺人衝動について。

火村は、頭で想像しても絶対に犯行に及ば無いのが自分と殺人犯との違いだと話していましたが、今回の坂亦の動機に同調してしまうということはないんでしょうか?

アリスが心配するように、「あっち側の世界(殺人犯)」に行ってしまわないか、そこも見どころですね。