ドラマなブログ。

ドラマのキャスト・相関図・視聴率速報・あらすじ・ネタバレ・感想ブログです。俳優、女優、子役のプロフィール紹介、出演情報など。ドラマ主題歌、再放送予定など関連情報も。

ドラマ『真田丸』第10話【妙手】感想・ネタバレ・見どころ!忠勝にビビる信幸・上杉との合戦芝居・北条と徳川を手玉にとった信繁がお梅にプロポーズ!

ドラマ『真田丸』の第10話【妙手】の感想・ネタバレ・見どころをレポートします。

 

 

 

第10話 【妙手】 感想・ネタバレ・見どころ

 

せっかく北条を追い払ったのに、家康が和睦してしまったことで領地を分割され奪われてしまいそうな昌幸。

そこで信幸、信尹、信繁に家康との交渉をまかせます。

その交渉の席で、信幸はのち義理の父となる本田忠勝と一触即発の雰囲気になってしまう。

この時は気丈にふるまっていた信幸でしたが、内心は切り捨てられるかと震え上がっていたようで、そのあとの腰が抜けたような状態とのギャップが面白かったです。

 

家康が人質だったとりを返したことで、昌幸は沼田を諦めますが転んでもただでは起きません。

上杉への備えと称して、この先、徳川と戦うことになったときのための城を、家康自身に作らせるという計画を実行。

この計画がのちに露見した時の内野聖陽さん演じる徳川家康の怒りの表情が目に浮かびました。

しかし、ここまで他人にやり込められてしまう「ダメ家康」というのも大河ドラマでは初めてに近いと思うので新鮮ですね。

   

信繁の策略で上杉と合戦の芝居を打つことになった上杉景勝の重臣・直江兼続

ここまでは真田家をかなり不信に思っていたようですが、今回のことで一目置ようになった、という感じでしょうか。

 

その策略が見事はまって、北条と徳川をまんまと手玉に取ることに成功した信繁は、思い通りにことが運んだ勢いと、子どもができたことが引き金となり、ついにお梅にプロポーズ!

当然OKをもらい幸せマックス状態です!

 

一方、真田を排除すべく家康と本田正信は、「黙れ小童ぁ!」でおなじみの室賀正武を利用することを画策。

はたして真田家の運命はいかに?

次週、【祝言】も楽しみですね!