ドラマなブログ。

ドラマのキャスト・相関図・視聴率速報・あらすじ・ネタバレ・感想ブログです。俳優、女優、子役のプロフィール紹介、出演情報など。ドラマ主題歌、再放送予定など関連情報も。

ドラマ『真田丸』第14話【大阪】感想・ネタバレ・見どころ!大坂編に突入・新キャスト登場!山本耕史・新井浩文・竹内結子・吉本菜穂子

NHK大河ドラマ真田丸』第14話【大坂】の感想・ネタバレ・見どころをレポートします。

 

 

お梅の死から立ち直れない信繁に、大阪行きの転機が訪れます。

天下人となった豊臣秀吉は、信繁にどのような変化をもたらすことになるのでしょうか?

 

f:id:tetsutylor:20160411062600j:plain

 

感想・ネタバレ・見どころ

 

信濃の上杉家の元で茫然と過ごす信繁でしたが、大阪行きの話で少し気分が紛れた様子。

さらに信尹の策略にはまって家康を裏切ってしまったことを後悔している石川数正を見て、いつまでもグチグチ言って前に進まない自分に踏ん切りをつけることを決意したのでした。

 

信尹は家康に捕らわれていたにも関わらず数正を調略したことで、逆に家康にその手腕を買われて召し抱えられることに。

f:id:tetsutylor:20160411071124j:plain

ちなみに史実でも、家康は重臣の数正の裏切りによってそれまでの三河式の戦術を諦め、武田式の戦術に改めたそうですが、それを指揮したのは武田家の遺臣たちだったそうです。そうすると、『真田丸』ではその役目は信尹が担うという設定かもしれませんね。

 

また、地震を気合で止めようしていた藤岡弘、さん演じる本田忠勝。あれは藤岡さんのアドリブなのか、それとも三谷監督の脚本なのか、気になります。

 

一方、お梅の子・すえの子育てに失敗した長澤まさみさん演じるきりは、先週の「私が育てる!」の熱いセリフはどこへやら、子育てを放棄して信繁の元へやってきます。

f:id:tetsutylor:20160411071142j:plain

これは面白い展開なんですけど、世間からは批判を浴びそうですね。

   

大坂に上洛する手前で山本耕史さん演じる石田三成の出迎えを受けた景勝たちだったが、身分の劣る信繁はぞんざいに扱われてしまいます。

f:id:tetsutylor:20160411071203j:plain

大河ファンなら山本さんと堺さんの対立は、『新選組!』の土方と山南の再現なので、面白いですね。

 

三成の妻・うたを演じる吉本菜穂子さんの声、アニメ声で面白いですね。

加藤清正を演じる新井浩文は、いつもの迫力ある殺人者の鋭い眼光が消え、田舎のヤンキーみたいになっていました。

f:id:tetsutylor:20160411071222j:plain

竹内結子さんの茶々は天真爛漫と表現されていましたが、どちらかというと小悪魔的な女性だと思われます。

といってもこの時はまだ16歳とかなので、このあと鶴丸を産んで淀君と呼ばれるようになり、その後に秀頼を産むことで変わっていくんでしょうけどね。

 

次回も新キャストが続々と登場する予定ですので、楽しみにしましょう!