ドラマなブログ。

ドラマのキャスト・相関図・視聴率速報・あらすじ・ネタバレ・感想ブログです。俳優、女優、子役のプロフィール紹介、出演情報など。ドラマ主題歌、再放送予定など関連情報も。

ドラマ『僕のヤバイ妻』第2話感想・ネタバレ・見どころ!木村佳乃体張り過ぎ!宮迫が轟に見える!眞島秀和は生きている?

ドラマ『僕のヤバイ妻』第2話の感想・ネタバレ・見どころをレポートします。

 

今回は冒頭から真理亜本人の語りにより狂言誘拐の真相が少しずつ明かされていく、とう展開でした。

 

まず驚いたのが、幸平の不用心すぎるスマホ。

普通に枕元にスマホを置いといてメールとかラインとかを見られていないと思っているのはさすがに間抜けすぎるのでは?

 

f:id:tetsutylor:20160427072421j:image

 

これで幸平への疑惑をもった真理亜。

ここからの真理亜、というか演じている木村佳乃さんの女優魂がすごかったです!

 

まず、自分の殺害計画を笑って話す夫と不倫相手の杏南の会話を聞いて嘔吐してしまうというシーン。

 

 

f:id:tetsutylor:20160427072432j:image
f:id:tetsutylor:20160427073903j:image
 
本当に何かゲロってます!
普通、これって吐く瞬間は撮影しないもんだと思いますが、思いっきり映ってますね。
さすがにアップではなく引きの画ですが、美人女優としてはこれはすごい勇気です。
最近、バラエティなどで人気の木村佳乃さんですが、ここまでやるとは恐れ入りました。
 
さらに真理亜の誘拐計画の全容が明らかになっていきますが、誘拐犯に暴行・監禁されているシーンで、髪ボサボサ、血まみれの状態を演じたかと思えば、
 
f:id:tetsutylor:20160427072444j:image
 
幸平がワインに毒を入れていたことを警察にリークする電話を、適当な高い声でサラッとやっちゃいます。
 
f:id:tetsutylor:20160427072459j:image
 
そして誘拐事件が偽装だったと幸平にバレたにもかかわらず、逆に自分への殺害容疑で幸平を脅します。
階段から突き飛ばされて、頭から血を流しながらも幸平が自分の元へ戻ってきたことで、この笑顔。
 
 
f:id:tetsutylor:20160427072508j:image
 
もはやサスペンスホラーではなく、コメディーにしか見えません!
 
さて、誘拐事件の全容はまだ明かされてはいません。
例えば、共犯だったとみられる佐々木蔵之介さん演じる木暮久雄。
 
f:id:tetsutylor:20160427072522j:image
 
身代金を預かってもらっているというところしか出てきていませんが、真理亜との関係などまだまだわからないことがあります。
 
また、誘拐の主な実行犯として協力した眞島秀和演じる緒方彰吾。
 

f:id:tetsutylor:20160427072720j:plain

 
彼もこちらのシーンで紙袋に入った何かを真理亜に渡しています。
そして、このあと彼の住処が全焼してしまい殺害されてしまったのでは?と言われていましたが、次週の予告シーンで変装した真理亜と話すこの男性。
 

f:id:tetsutylor:20160427072735j:plain

 
後姿ですが緒方彰吾に似ています。
もし緒方なら、彼は生きていたということで、まだまだ全容は解明されていませんね。
 

f:id:tetsutylor:20160427072556j:plain

高橋一生さん、キムラ緑子さんによる鯨井夫妻も、1話の冒頭で怪しい動きを見せて以降、完全に事件を外野から傍観している感じですが、きっと何かあるはずです。
   
 
一方、真理亜にいいようにやられてぶち切れていた相武紗季さん演じる北里杏南。
 
ケチャップパスタをやけ食いしてましたね。
 
f:id:tetsutylor:20160427072533j:image
 
そのシーンだけ見てると、前クールのドラマ『エンジェル・ハート』で演じた槇村香をほうふつとさせます。
 
ただ、今回は悪い女の役なのでどこまで悪女をさらしてくれるのか、木村佳乃さんがかなり体を張っていただけに楽しみです。
 
f:id:tetsutylor:20160427072542j:image
 
そしてどうしても笑ってしまうのが横路役の宮迫博之さんの演技。
 
f:id:tetsutylor:20160427072608j:image
 
昔、ナインティナインとやっていた番組『ワンナイR&R』で演じていたコントキャラ・轟さんにしか見えないのは私だけでしょうか。

f:id:tetsutylor:20160427081115j:plain

喋り方とか全然違うんですけど、細かい仕草とか表情の作り方とかが轟さんに通じるところがあるんですよ。

宮迫さんとしては、癖のある探偵、という役を真面目に演じられているんだと思いますが、どうしても笑いがこみ上げてきます。

 

というわけですでに私の中ではこのドラマは単なるサスペンスではなくサスペンスコメディという位置づけです。

 

第3話は一体どのような展開を見せるのか楽しみです!