読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドラマなブログ。

ドラマのキャスト・相関図・視聴率速報・あらすじ・ネタバレ・感想ブログです。俳優、女優、子役のプロフィール紹介、出演情報など。ドラマ主題歌、再放送予定など関連情報も。

『真田丸』第21話【戦端】あらすじ・ネタバレ・見どころ!いざ論戦!信繁は北条から沼田を守れるか!お幸離縁され吹っ切れて逆に病気治って元気に!

NHK大河ドラマ『真田丸』第21話【戦端】のあらすじ・ネタバレをレポートします。

 

 

第21話 【戦端】 あらすじ・ネタバレ

 

f:id:tetsutylor:20160524163850j:plain

 

秀吉は再三の要請にも応じず上洛しようとしない北条氏政を打ち滅ぼそうと企む。

そのことを三成や家康に相談するも皆、乗り気ではない様子。

しかし秀吉は息子・捨のためにも一刻も早く天下を統一したいと思っていました。

そこで三成らに黙って千利休に北条攻めについて相談すると、利休は北条を打ち滅ぼすべきだと秀吉に進言します。

 

一方、阿茶局は寧々や茶々とのたわいのない会話の中から豊臣家の内情を探り、家康に報告。

秀次と捨による、秀吉の跡継ぎ問題が浮上しつつありました。

当の秀次は自分が天下人の器にないことを分かっており、捨が生まれて自分が跡継ぎにならずに済むと逆にほっとしていました。

 

上田城では信幸が参っていました。稲が自分に心を開いてくれないし、本田忠勝が娘を溺愛し過ぎてしょっちゅうやってくる始末。

その一方でお幸はのびのびと侍女として働き、逆にどんどんと元気になっていきます。

 

そのころ家康は氏政と密会。

家康は氏政に、嘘でも今は秀吉に下り、倒す機会をうかがうべきだと上洛を促すが聞き入れられませんでした。

そして氏政は、真田が納めている沼田を北条へ返してくれれば上洛する、という条件を秀吉に出し駆引きします。

   

その条件を思案した秀吉は、昌幸に上洛を命じる。

沼田を北条へ返せという話を知り、昌幸は激怒。

そこで三成の計らいにより、秀吉の前で昌幸と氏政、家康が議論してどちらが沼田を納めるのにふさわしいかを決定しようということに。

 

これを聞いた氏政は、沼田が返上されたら上洛する、とこの提案を拒否。

結局、氏政の代わりに江雪斎が、家康の代わりに本多正信、昌幸の代わりに信繁、という代役ばかりで議論をすることに。

しかし、昌幸は実はすぐ隣の倉庫に身を潜めて信繁に「徳川を味方につけよ」とアドバイスをする。

 

そしていざ、沼田をめぐる論戦が始まろうとしていた!

 

真田丸 後編
価格:1188円(税込、送料別)


 

 

見どころ 

 

 久々に登場の高嶋政伸さん演じる北条氏政と、細田善彦さん演じる氏直親子。

 

おそらくこの21話と22話が彼らが活躍する最後の回で、後は北条家滅亡へ向けて転がり落ちていくだけとなります。

 

先週で退場かと思われてた長野里美さん演じるお幸が継続出演するだけでなく、まさかの体調まで回復するという驚きの展開です。

 

そして、吉田羊さん演じる稲姫と、藤岡弘、さん演じる本田忠勝の親子の絆により、稲とぎくしゃくしたままの信幸を演じる大泉洋さん。

 

再び「真田丸どうでしょう」状態になっていますね!

 

第22話【裁定】のあらすじ・ネタバレはこちら ↓↓↓↓↓↓↓↓  

 

tetsutyler-durden.hatenablog.com