読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドラマなブログ。

ドラマのキャスト・相関図・視聴率速報・あらすじ・ネタバレ・感想ブログです。俳優、女優、子役のプロフィール紹介、出演情報など。ドラマ主題歌、再放送予定など関連情報も。

『真田丸』第27回【不信】あらすじ・詳細ネタバレ!秀次と秀吉、信繁と信幸図らずも対立する両者!秀次は聚楽第から失踪!

NHK大河ドラマ『真田丸』第27回【不信】のあらすじ・詳細ネタバレ・見どころをレポートします。

f:id:tetsutylor:20160705145110p:plain

 

 

 

第27回【不信】のあらすじ・詳細ネタバレ 

 信繁は秀吉の命により秀次のそばで働きはじめます。

 

秀吉は生まれた子どもに「拾(ひろい)」と名付け、関白となった秀次に拾のこと、今後の展望のことを話します。

 

「年が明けたら日の本を五つの国に分ける。そのうちの一つ、九州を拾にやってくれ。わしの言葉がわかるようになったら、ここはお前の国だ、と言ってやりたいのだ」

 

これを聞いた秀次は、自分は拾が元服するまでの「つなぎ」だということは自覚していたものの、秀吉から信頼されていないのではないかと疑念を抱いてしまいます。

 

隣の部屋では信繁ときりが話をしています。

秀次からの側室の話を信繁に打ち明けるきり。

止めてほしい女心からの行動でしたが、「それはめでたい」と言われてしまい、怒って去ってしまいます。

 

秀吉と秀次の不仲は徐々に深刻なものになっていきます。

秀吉は秀次を安心させようと、秀次の娘を拾に嫁がせることを決めます。

 

娘の結婚という大事なことを勝手に決められてしまった秀次は、秀吉が自分を疎んじているのではないかと返って不信感を強めてしまいます。

 

そこで、傍に控えていた羽柴秀俊(のちの小早川秀秋)が、秀吉の好きな能を修練して披露すれば関係が和むのではないか、と秀次に提案します。

 

tetsutyler-durden.hatenablog.com

 

吉野の里での桜の花見で能「源氏供養」を演じることにした秀次。

 

修練の成果を見せる当日、発熱の秀保の代役を信繁が務め、秀次、秀俊と三人で「源氏供養」を演じます。

 

秀吉からのお褒めの言葉を期待していた秀次でしたが、関白としての仕事をせず、能に興じていると思われてしまい、逆に雷を落とされてしまいます。

 

落ち込む秀次に、寧々が励ましの言葉をかけます。

 

「堂々としていればいい。自分を取り繕わず、ありのままの姿をあの人(秀吉)にみせればそれでいい」

 

 

 

 

   

夜桜を眺めながらの宴の席で、秀吉は信繁に官位を与えると伝えます。

 

兄・信幸を差し置いて先に官位をもらうことに躊躇いがあった信繁は、ついそれを口にしてしまいます。

 

これが秀吉の怒りを買い、二度と官位をやらぬとかんしゃくを起こされてしまいます。

 

しかしそのとき、秀次が毅然とした態度で秀吉に詰め寄り「官位を与えるかどうかは関白である私が決めること」として信繁に従五位下の位を授け、検討したのち相応と判断したら信幸にも同じ位を与えると言い放ちます。

 

この秀次の言動に秀吉は満足し笑顔がこぼれました。

 

文禄三年に信繁と信幸は官位を授かり、お礼と挨拶を兼ねて秀吉のもとを訪れます。

 

そこで秀吉は信幸に、信繁が兄に遠慮していたことなどをつい話してしまい、信幸のプライドはひどく傷つき激高してしまいます。信繁は良かれと思っての行動が裏目に出て意気消沈。

 

昌幸は秀吉から伏見城の増築を依頼され、三成から図面を渡されます。秀吉は秀次の負担を少しでも軽くしてやろうという気持ちからの行動でした。

しかし、伏見城の増築に興味のない昌幸はこれを信繁に押し付けてしまいます。

意気消沈していた信繁は、図面を手に茫然とそれを眺めていました。

そこへ秀次がやってきてうっかり図面を見られてしまいます。

図面を見た秀次は、秀吉が自分に代わって伏見城で政を行うつもりなのかと勘違いをして愕然とします。

 

せっかく埋まりかけた秀吉と秀次の溝が再び広がってしまいます。

追い打ちをかけるように弟・秀保が病死。

丁重な葬儀を考えていた秀次。

一方、秀吉は拾が鶴松が亡くなった年齢の3歳を迎える今年を静かに終えたいと思っていたため、葬儀は隠密に済ませるように命じる。

 

秀次はもはや秀吉に対して完全に疑心暗鬼の状態に陥ってしまい、全てを投げだして逃げ出したい衝動に駆られ聚楽第から姿を消してしまうのでした。


 

 

見どころ

 

秀吉と秀次。信繁と信幸。

お互いがお互いのことを深く思っているのに、ちょっとしたボタンの掛け違いで上手くいかない状態になってしまっています。

この辺の複層的なストーリーの描き方はさすが三谷監督という感じです。

視聴者としては秀次の方に共感するところが多いと思うので、亡くなったときには「秀次ロス」が起きるんじゃないでしょうか。

 

 

 

次週、第28回【誤解】のあらすじ・詳細ネタバレはこちら

 

 

tetsutyler-durden.hatenablog.com