ドラマなブログ。

ドラマのキャスト・相関図・視聴率速報・あらすじ・ネタバレ・感想ブログです。俳優、女優、子役のプロフィール紹介、出演情報など。ドラマ主題歌、再放送予定など関連情報も。

ドラマ『そして誰もいなくなった』第4話あらすじ、ネタバレ、展開予想!小山内と万紀子密会の真意は?斎藤は新一を殺しにくる?

ドラマ『そして誰もいなくなった』の第4話あらすじ、ネタバレ、展開予想をレポートします。

 

 

 

第4話あらすじ

 

新一(藤原竜也)の目の前でホテルのベランダから飛び降りたはるか(ミムラ)。親友の小山内(玉山鉄二)は、勝手な思い込みによりはるかを追い詰めた新一を責め立てる。さらに追い打ちをかけるように、テレビではニセモノの新一=川野瀬猛(遠藤 要)が冤罪被害を訴え、自らが藤堂新一であると名乗り、記者会見を行っている様子が流されていた。新一は、世間が偽物を”藤堂新一”だと認識していく様子をただ見ていることしかできないでいた。

そんな絶望の淵に立たされた新一に声をかけてきたのは、バーテンダー日下(伊野尾 慧)だった。日下は店をオープンしたての頃、新一からかけてもらったある言葉に恩を感じており、新一の力になりたいと言う。
そのころ新潟では、小山内や斉藤(今野浩喜)が見守るなか、はるかの葬儀が営まれており、はるかに想いを寄せていた斉藤は、はるかの想いに気づかなかった新一を恨み、ひどく取り乱していた。そこに不意に万紀子(黒木瞳)が現れ、小山内に「連れていってほしいところがある」と言う。そこで万紀子は小山内に「本当の話をしましょう…」と、思いもよらぬ質問を投げかけ―。

新一は西条(鶴見辰吾)と川野瀬を待ち伏せ、「自分の人生を買い戻したい」と持ちかける。そこで川野瀬はお金と引き換えに、ある人物を紹介してやると新一に提案する。新一が指定された店に行くと、そこには見覚えのある男・馬場(小市慢太郎)がいて、連れて行かれた先に待っていたのは、後輩の五木(志尊淳)の姿だった。いつもの五木と違う様子に困惑する新一は「お前が全部仕組んでいたのか?!」「早苗に何をした!?」と激昂。だが五木は冷静に「先輩、早苗のこと、本当にわかっているんですか?」――そう聞かれ、新一は答えに詰まってしまう。

早苗(二階堂ふみ)の元へ、真実を確かめに向かった新一。早苗の住むアパートの前には見覚えのある人物の姿が。そして、二人は揉み合いになり、そこから新たな悲劇へと転がり落ちて行くのであった…。

ストーリー|そして、誰もいなくなった|日本テレビ

   

 

あらすじと予告動画から展開を予想します。

 

小山内に対して万紀子が何か意味ありげな発言をしていますが、これはおそらくミスリードではないかと思います。

 

早苗のアパート前に現れた見覚えのある人、というのは、斎藤ではないでしょうか?

 

はるかが黒幕ではなかったようなので、はるか関係のところは早めに決着がつくのではいないかと思います。

斎藤は新一のことを相当恨んでいたので、本当に殺すつもりではないにしてもナイフなどをもって新一を脅そうと思ってアパートを訪れたのかもしれません。

そこでついもみ合いになり、事故で逆に死んでしまう、という展開を予想します。

 

日下の真意はまだはっきりとはしませんが、どうやら一時的に新一を助けることになるようです。

 

日下自身もどのような人間なのか謎な部分が多いので、これから明かされていくのが楽しみですね。