ドラマなブログ。

ドラマのキャスト・相関図・視聴率速報・あらすじ・ネタバレ・感想ブログです。俳優、女優、子役のプロフィール紹介、出演情報など。ドラマ主題歌、再放送予定など関連情報も。

ドラマ『そして誰もいなくなった』第9話最終回あらすじ、ネタバレ、展開予想!黒幕は日下瑛治と馬場!小山内も五木も鬼塚も全員敵!早苗は遺産目当て!

ドラマ『そして、誰もいなくなった』第9話最終回のあらすじ、ネタバレ、展開予想をレポートします。

 

藤堂新一を陥れた黒幕は日下瑛治だったことが判明しました。

 

しかしこの事件の真相はまだ謎だらけ。

共犯者がいることもわかっていますが、それが一体誰なのかも謎です。

 

最終回を前に、真犯人や共犯者など事件の全容を予想してみました。

 

 

第9話 最終回 あらすじ

 

f:id:tetsutylor:20160909155217p:plain

 

新一(藤原竜也)に襲いかかる万紀子(黒木瞳)。その時、万紀子の元に一本の電話が入る。「どう?殺した?」聞こえてきたのは、日下(伊野尾慧)の声だった。

とある古い日本家屋へと万紀子に連れて来られた新一。そこには一人で待つ、日下の姿があった。「全部、君が仕組んでいたのか?」と問う新一に対し、日下はこう答える。
「さすがに俺一人じゃない。一人じゃ、全部は無理でしょ」。

日下の目的は一体何だったのか!?そして、死んでいった新一の周囲の人間たちはなぜ新一を破滅へと陥れようとしていたのか。

信じていた仲間たちに裏切られ続け、日下の口から思いもよらない言葉を浴びせられた新一は怒り狂って、日下の挑発に思わずナイフを振り上げる――。
ついに、すべての謎が明らかに。次にいなくなるのは、誰だ。
そして、最後まで生き残るのは一体・・・誰だ?

ストーリー|そして、誰もいなくなった|日本テレビ

   

 

ネタバレ 展開予想

 

新一と瑛治は、腹違いの兄弟だった。

母・万紀子は、何らかの理由で幼い頃に瑛治を手放してしまい、そのことで瑛治は辛い人生を送っていた。

新一がミスイレイズの開発に成功したころ、瑛治は万紀子に接触。

負い目のある万紀子は、瑛治に加担して新一のパーソナルナンバーを悪用する手助けをしてしまったと考えられる。

 

瑛治の共犯者としては、最初からの仲間は馬場だけ。

馬場は瑛治の父親、もしくは育ての親でしょう。

 

瑛治は新一を陥れる計画を実行する過程で、少しずつ新一の廻りの人間を自分の共犯者にしていったと考えられる。

 

弁護士西条と川野瀬猛には、馬場を通してニセ藤堂新一話を持ち掛けていた。

 

最初の被害者である長崎はるかは、バーで相談に乗る振りをして新一に迫るようけしかけ、結果として自殺に追い込んだ。

 

齋藤には新一の指紋付きグラスを送り、はるかの死の責任を新一に押し付けて新一を襲うように仕向けた。

 

小山内は出世のために新一を裏切ろうと指紋を採取する依頼を瑛治にしていた。その後、小山内は改心するが、瑛治から指紋採取の件を新一にばらすと恐喝された。

 

新一の会社から2億円を引き出したのは、馬場の指示で動いた沙央里。それを田嶋に流し彼を操って新一を裏切るように仕向けた。

 

西野弥生はニセ藤堂新一の父親を発見したことを万紀子に伝えたことで、瑛治に狙われた。しかし瑛治から万紀子の遺産を分けるという話を持ち掛けられて協力する。

 

新一の逆襲により会社での立場を無くしてしまった五木には、新一への復讐心を煽ってドローンのプログラムを修正させた。

 

刑事の鬼塚は弱みを握ったが金で味方に引き入れ、車ごと海に突っ込んで逮捕されそうになった馬場を救出させた。

 

以上の通り、おそらく、瑛治と馬場の二人が黒幕で、それ以外の人たちは二人の計画の全容は知らないまま共犯者にさせられていて、お互いの背後にいる黒幕が同一人物だということには気づいていなかったと考えらえれる。

 

そして、新一を裏切っていなかったのは、恋人の早苗だけだった、というオチではないでしょうか。

 

ただ、新一と早苗の出会いは、非常に不自然です。

早苗はどう考えてもプログラミングのことに興味などないはずなのに、自分から新一に声をかけています。

もしかすると、早苗は、新一が万紀子から相続するであろう莫大な遺産目当てで新一に近づいたのでは・・・。

 

そうなると結局、新一には味方など一人もいなかった、ということになり救いのないエンディングですが、脚本を担当している秦建日子さんならやりかねないと思っています。

 

果たして予想はあたっているのか、最終回を楽しみに待ちたいと思います。