読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドラマなブログ。

ドラマのキャスト・相関図・視聴率速報・あらすじ・ネタバレ・感想ブログです。俳優、女優、子役のプロフィール紹介、出演情報など。ドラマ主題歌、再放送予定など関連情報も。

ドラマ『IQ246 華麗なる事件簿』第1話あらすじ、ネタバレ、見どころ・予告動画!『振り返れば奴がいる』織田裕二×石黒賢の対決再現!犯人石黒「織田さん真面目だから合わせてます」

IQ246〜華麗なる事件簿〜

10月16日(日)21時スタートのドラマ『 IQ246華麗なる事件簿』第1話のあらすじ、ネタバレ、見どころ、ゲストキャストをご紹介します。

 

初回は20分拡大スペシャル。

ゲストキャストもスペシャルな方が登場してドラマを盛り上げてくれます。

 

織田裕二さんがどのような演技を見せてくれるのか楽しみです。

 

第1話 あらすじ・ネタバレ

f:id:tetsutylor:20160924141849p:plain

北鎌倉にひっそりとたたずむ法門寺という名家。

法門寺家は、とあるやんごとなき人物の末裔で、時の権力者からその存在を隠されてきた知る人ぞ知る一族である。

法門寺家はありとあらゆる学問を研究し、中でも犯罪研究に力を入れてきた学究派の家系でもある。

そのため、法門寺家の当主には、IQ246という天才的頭脳が代々遺伝していたのだった。

そんな法門寺家の89代目当主・沙羅駆(織田裕二)がこの物語の主人公。

彼にとっては世の中は退屈な出来事で溢れすぎていて、絶えず暇を持て余してしまい
「あー、暇だ暇だ。どこかに私が解くに値する謎はないものか」と口癖のように漏らす日々を送っていた。


そんなある日、警視庁捜査一課に配属された刑事・和藤奏子(土屋太鳳)が、法門寺の警護にあたることになる。

この任務に配属された者が一ヶ月以内に辞職してしまうという噂を聞いた奏子は不安な思いのまま北鎌倉の法門寺家を訪れる。

出迎えに現れた男・賢正(ディーン・フジオカ)を沙羅駆だと勘違いした奏子は、彼が、代々法門寺家に使える執事の89代目だと知り、法門寺家の家柄に驚いてしまう。


 一方、暇に耐えかねていた沙羅駆は、こっそりと家を抜け出し、財布も持たずタクシーで外出。

しばらく行くと、ある事件現場に偶然出くわしていた。

女性の他殺体を一目見た沙羅駆は、被害者の女性の人物像や犯人の犯行の手口をいとも簡単に言い当てる。

f:id:tetsutylor:20160924141304p:plain

現場の捜査に当たっていた捜査一課の刑事・山田次郎(宮尾俊太郎)と今市種子(真飛聖)は、沙羅駆の推理力の高さに驚くが、沙羅駆がタクシー代すら持ちあわせていないことを知り、無銭乗車の罪で連行することに。

しかし、法門寺家自体が国家的な機密事項のため、警視総監命令で沙羅駆はすぐに釈放。沙羅駆が逮捕されたと聞き、警視庁まで迎えに来た賢正と奏子を前に、何食わぬ顔で現れた沙羅駆。

初対面の奏子に対しても容赦ない上から目線の言葉を浴びせかけ、奏子の生活レベルや心情などをズバリ言い当てた。

f:id:tetsutylor:20160924141742p:plain


その頃、変わり者の法医学専門医 監察医・森本朋美(中谷美紀)は、運び込まれた遺体を検分し加害者をある程度絞り込むが、沙羅駆が全く同じ見立てをしたと刑事から聞き、まだ見ぬ沙羅駆に心躍らせる。


邸宅に戻った沙羅駆のもとに大金持ち・桜庭家の奥様がやってきた。住み込みで働いていた寿司職人・宮島がいなくなったので探して欲しいというのだ。沙羅駆はイヤイヤながら聞き込みを始めるのだが、厨房で宮島が愛用していた包丁と砥石を見つけた沙羅駆は急に目を輝かせる。そして先ほどまでとは違い嬉々として聞き込みを続ける。

そのまま桜庭家のディナーに同席することになった沙羅駆は主賓のCMプランナー早乙女(石黒賢)と知り合う。和気藹々と宴が続く中、早乙女の携帯電話が鳴った。会社に強盗が入り部下が殺されたというのだ。失意の早乙女は会社に戻ると出て行くが、沙羅駆はなぜかその後を追いかけていくのだった。

STORY(あらすじ)|TBSテレビ:日曜劇場『IQ246〜華麗なる事件簿〜』

 

予告動画

youtu.be

   

見どころ「織田裕二×石黒賢の対決」

 

記念すべき第1話のゲストは、石黒賢さん。

織田裕二さんの相手役、ライバルと言えば、私もすぐに頭に浮かぶのが、ドラマ『振り返れば奴がいる』で共演されていた石黒賢さんです。

 

f:id:tetsutylor:20160924142301p:plain

 

三谷幸喜監督による医療サスペンスドラマ『振り返れば奴がいる』は、CHAGE&ASKAの名曲「YAH YAH YAH」とともに大ヒットしたドラマです。

 


 

 

織田裕二さん演じる医師・司馬と、石黒賢さん演じる医師・石川が、毎回キスをするんじゃないかというぐらい近い距離でにらみ合いバトルを繰り広げます。

 

youtu.be

 

権力者の命を優先して助け、平気で裏金を受け取る司馬先生。

 

一方、患者のことを第一に考える正義の医者、石川先生が癌に冒されて倒れてしまうのは何ともやるせない感じでした。

 

この時は織田裕二さんが完全にヒールで、石黒賢さんがそれを追求していくという役どころでしたが、今回はその逆で、犯罪者を石黒さんが、探偵役を織田さんが演じるということで、立場が逆転していて面白いですね。

 

このドラマ以降、織田裕二さんは誠実な主人公役が増えた一方、石黒さんの方は悪役としての出演が増えていった印象があるので、二人にとって俳優としての転機になったドラマではないでしょうか。

 

また、今回の共演にあたって、石黒賢さんのコメントが面白いです。

 

『織田さんはすごく芝居に対して真面目な人なので、一緒に芝居をするのが楽しいです。すでに撮影に入っている他の出演者の方はもうお分かりだと思いますけど、彼は真面目がゆえに昔から現場でいきなりセリフ合わせをし始めるんです。いきなり自分のセリフ言い出すので、じゃあ一緒にやらないと申し訳ないなぁと、僕はそんな彼に慣れているので合わせています(笑)』

NEWS(お知らせ)|TBSテレビ:日曜劇場『IQ246〜華麗なる事件簿〜』

 

石黒さん、大人ですね。

 

織田さんもかつてはこの性格が災いして、共演者の方と結構ぶつかったみたいですけど、最近は距離感を掴んだようで、上手くやられているようです。

 

さて、2話以降のゲストはまだ発表されていませんが、石黒さんが登場すると、鹿賀丈史さん、千堂あきほさん、松下由樹さん、西村雅彦さんといった『振り返れば奴がいる』に出演していた方たちが登場してくれることを期待してしまいます。

 

西村雅彦さんは今季の他のドラマにも出ていないので、本当にあり得るかも、と期待しているんですけど、どうでしょうかね。