読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドラマなブログ。

ドラマのキャスト・相関図・視聴率速報・あらすじ・ネタバレ・感想ブログです。俳優、女優、子役のプロフィール紹介、出演情報など。ドラマ主題歌、再放送予定など関連情報も。

『シェフ三ツ星の給食』第7話あらすじ、ネタバレ、ゲストにNGT48北原里英が出演!光子と晴子は和解?父親は?篠田屋台成功の秘訣とは?

ドラマ『シェフ~三ツ星の給食』第7話のあらすじ、ネタバレ、ゲストキャストをレポートします。

 

 

鴨のコンフィを目玉にフレンチ屋台で成功する光子ですが、またしても篠田がその前に立ちはだかります!

 

f:id:tetsutylor:20161123175820p:plain

第7話 あらすじ ネタバレ

光子(天海祐希)が999円の鴨のコンフィ一品で勝負する屋台は、連日行列ができる盛況ぶり。一方、篠田(小泉孝太郎)がオープンした「ネオ・ビストロ・ラ・レーヌ」も、若い客たちで賑わっていた。本家の「ラ・キュイジーヌ・ドゥ・ラ・レーヌ」も、相変わらず予約は3年待ちという人気で、篠田はご機嫌だった。早紀(友近)から「ネオ・ビストロ」の2号店をどこに出すのかと聞かれると、光子がいつも最高のヒントをくれるのだ、と不敵な笑みを見せる。

 

三つ葉小学校では、荒木(遠藤憲一)が、子どもたちに人気の「魚と野菜のハンバーグ」を改良すると言う。すでに人気のメニューを変える必要はないのでは、と晴子(川口春奈)が聞くと、子供たち自身が「野菜と魚を食べさせるためのメニュー」だと気づき残食量は減っているが、さらに食べ残しを減らす新メニューが必要だと荒木は返した。現状に満足せず、新メニューを考え始めた給食チームに、光子は、自分も屋台の新メニューを考案中だと明かす。

そんな折、光子が屋台の準備に向かおうとすると、目の前に巨大なキッチンカーが止まった。降り立ったのは篠田で、今日から光子と同業者だと告げた。「ラ・レーヌ」の新事業は、「ネオ・ビストロ」のコンセプトを進化させたフレンチ屋台「スタンド・ラ・レーヌ」だと言う。屋台での経験は自分が上だと言う光子に、篠田は屋台には屋台のルールがある、と自信の笑みを浮かべる…。

Chef~三ツ星の給食~ | ストーリー - フジテレビ

   

 

ゲストキャスト

原田綾子・・・北原里英(NGT48)

f:id:tetsutylor:20161123173757p:plain

 

アイドルグループNGT48のキャプテンとして活動中の北原里英さん。

今回、北原里英さんが演じるのは、光子が営む屋台の常連客でおいしいモノを食べ歩きするのが大好きなOL・原田綾子役。

出演に際して、「料理のおいしさをきちんと伝えたい」と語っており、演技の出来次第では、今後グルメレポートの仕事が増えたりするんじゃないでしょうか。

料理は食べるのも作るのも好きだということなので、グルメ系で仕事がつながっていくといいですね。

 

 さて、小泉孝太郎さん演じる篠田が、どこで屋台のノウハウを身に着けたのかはわかりませんが、光子の知らない屋台の成功の秘訣を何か掴んでいるようです。

 

また、光子と晴子が親子であるという衝撃の事実が判明しましたが、父親は登場するのでしょうか?

そして光子と晴子は、これまでの過去を乗り越えて和解し、本当の親子関係を取り戻すことができるのか?

 

最終回へ向けて物語が動いていますね。次週も楽しみです。