ドラマなブログ。

ドラマのキャスト・相関図・視聴率速報・あらすじ・ネタバレ・感想ブログです。俳優、女優、子役のプロフィール紹介、出演情報など。ドラマ主題歌、再放送予定など関連情報も。

ドラマ『下剋上受験』第1話あらすじ・原作・ネタバレ・予告動画、相関図・キャスト・阿部サダヲ・深田恭子・山田美紅羽・若旦那・皆川猿時・岡田浩暉・川村陽介・小芝風花・要潤・風間俊介・小林薫・篠川桃音!

TBSの2017年1月13日(金)夜10時スタートのドラマ『下剋上受験』のあらすじ、キャスト、相関図、原作、ネタバレをレポートします。

 

 

ドラマ『下剋上受験』は、中卒の父と偏差値41の娘が、塾に通うことなく親子二人三脚で中学受験に臨み、見事、難関私立中学へ合格したという実話を基にした感動ドラマです。

 

これから受験を控える親御さんは必見です!

f:id:tetsutylor:20161202165738p:plain

基本情報

原作: 桜井信一「下剋上受験」(産經新聞出版)

脚本: 両沢和幸 「ナースのお仕事」「お金がない!」

演出: 福田亮介 「仰げば尊し」「ダメな私に恋してください」

プロデューサー: 渡辺良介(大映テレビ) 「魔王」「こち亀」「LADY」
八木亜未(大映テレビ)

製作: 大映テレビ、TBSテレビ

 

タイトル・原作について

『下剋上受験』というタイトルは、桜井信一さんによる原作本『下剋上受験』からそのままつけられたものです。

 
 

 

 

原作本『下剋上受験』は桜井信一さん本人とその娘さんによる実体験をもとに書かれたノンフィクション作品です。

中卒で肉体労働系の仕事に就いていた桜井さんが、娘が小学5年生のある日、思うところがあって娘にはちゃんとした学歴をもたせようと中学受験を決意します。

そこから塾に通うのが普通の家庭ですが桜井さんは違いました。

なんと自らの独学で娘と二人三脚での受験勉強を開始します。

しかも目指すは東京の難関私立中学・桜陰中学!

中卒の父親と、その娘が、人生の一発逆転に挑む、まさに「下剋上」を目指す受験サクセスストーリーです。

 

桜井信一さんのブログ:父娘の記念受験

 

原作ネタバレ

上記のブログや新聞記事などで取り上げられているのでネタバレしてしまいますが、

桜井さんと娘さんの中学受験は一応、成功します。

第一希望だった桜陰中学には落ちてしまいましたが、見事第二希望の中学へ合格することが出来たそうです。

身バレを防ぐため、合格した中学校名は明かされていません。

娘さんはすでに卒業されて、2016年からは高校生になられています。

 

原作本やブログを見てもらえばわかりますが、受験ノウハウ的なことを書かれているわけではなく、中学受験に取り組む親として、どれだけの「覚悟」が必要なのか、ということを教えてくれる内容だと思います。

 

f:id:tetsutylor:20161202152806p:plain

ドラマ あらすじ

その昔、不良の端くれで勉強もせず中卒で働き出した桜井信一(阿部サダヲ)は、
今はひょうきんで口が達者な下町の熱血オヤジだ。
気が強いが可愛い中卒の妻・香夏子(深田恭子)と一人娘の佳織(山田美紅羽)と家族三人で暮らしている。
学歴はなくても、ユーモアがあるし、娘は可愛い。
信一は貧乏生活で苦労はしても、幸せな毎日を送っていた。

しかし、ある日、佳織が受けた全国テストの最悪な結果をみて不安が襲う。
『おい、まさか娘まで中卒か……?それはダメだ!!!
娘だけは絶対に苦労させない。幸せにするんだ!』
信一は娘に中学受験をさせてエリートにすることを決意する。
そして、塾にも通わせず、中卒の自分が教えるという無謀な決断をするのだった。
その驚くべき理由とは!?

中卒の父と偏差値41の娘が二人三脚で最難関中学合格を目指した
500日の汗と涙の感動のドラマ。
親子の愛が生んだ奇跡のような実話。

金曜ドラマ『下剋上受験』|TBSテレビ

   

 

キャスト

桜井信一:阿部サダヲ

f:id:tetsutylor:20161202153242p:plain
元不良で中卒の佳織の父。バイタリティと娘への愛情だけは誰にも負けない。
自分で勉強を教えると決意し、猛勉強する。

インテリからガテン系まで幅広い役を演じ切る阿部サダヲさん。

今回は熱血漢の役どころで、スポ根ドラマのイメージで臨まれているそうです。

桜井香夏子:深田恭子

f:id:tetsutylor:20161202153503p:plain
 元ギャルで中卒の佳織の母。家族への愛情は誰にも負けない。
平凡でも貧乏でも笑って仲良く暮らせればそれでいいというポリシー。
受験には大反対。

『ダメな私に恋してください』で恋愛ドラマを演じていた深田恭子さん。

可愛さは変わらず、小学5年生の娘がいるという役どころを上手く演じてほしいですね。

元ギャル、という設定は深田恭子さん自身のデビュー当時を思わせ、過去のお宝映像とか出てこないか期待しています。

桜井佳織:山田美紅羽

f:id:tetsutylor:20161202153542p:plain
 明るく元気な小学5年生の一人娘。偏差値41の受験落ちこぼれ。

250名に登る子役オーディションを勝ち抜いての大抜擢となった山田美紅羽ちゃん。

「美紅羽」と書いて「みくう」と読みます。

2005年11月4日生まれの11歳、これまでに土曜ワイド劇場などに出演していましたが、レギュラーでの出演は今回が初。

ベリーベリープロダクションに所属する、2017年の注目の子役ちゃんです。

松尾:若旦那(新羅慎二)/湘南乃風

f:id:tetsutylor:20161202155259p:plain

信一の中卒仲間 居酒屋店主。

湘南乃風の若旦那さんがドラマ初出演です。2016年に歌手のMINMIさんと離婚していたことを発表して話題となりました。

若旦那さんが少年時代に不良だったことは有名な話ですね。

近況はこちらのブログで。若旦那 Powered by LINE

 


竹井:皆川猿時 

f:id:tetsutylor:20161202155818p:plain

信一の中卒仲間。理髪師。

皆川猿時さんは、大人計画所属で、阿部サダヲさん、宮藤官九郎さんらと結成した「グループ魂」では「港カヲル(エヴァンゲリオンの渚カヲルからインスパイア)」として司会者、ボーカル、作詞を担当されています。


梅本:岡田浩暉 

f:id:tetsutylor:20161202161002p:plain

信一の中卒仲間。酒屋店主。

「To Be Continued」のボーカルで、今は俳優として活躍中の岡田浩暉さん。

2016年秋ドラマには『逃げ恥』『IQ246』『スニッファー』『キャバすか学園』と立て続けにゲスト出演されていました。


杉山:川村陽介

f:id:tetsutylor:20161202161548p:plain

信一の中卒仲間。大工。

ドラマ『新宿スワン』主演や『ROOKIES』の桧山役など、ヤンキー役が多い川村陽介さん。


小山みどり:小芝風花 

f:id:tetsutylor:20161202161942p:plain

佳織の小学校の担任教師。

『早子先生、結婚するって本当ですか』に続いて教師役となる小芝風花さん。

『あさが来た』では波瑠さんの娘・千代を演じてブレイク。

2016年ちょっとドキッとする水着姿もある写真集「風の名前」を発売。

 

 

近況はこちらのブログ。

小芝風花オフィシャルブログ「always with a smile」Powered by Ameba



徳川直康:要潤

f:id:tetsutylor:20161202163601p:plain

 東大卒のエリートで大手ゼネコンの社長。
佳織と同じ最難関中学を目指すライバルの麻里亜の父。

香川県の出身だったことから、架空の県「うどん県」副知事としてPR活動をしている要潤さん。

すっかりその穏やかなイメージが定着していますが、かつては『仮面ライダーアギト』で仮面ライダーG3を演じてたんですよ。

楢崎哲也:風間俊介

f:id:tetsutylor:20161202164126p:plain
 信一の会社の後輩。中学受験経験者のエリートで、信一の受験勉強を応援していくことに。

ジャニーズの俳優枠として生田斗真さんと並ぶ演技派、風間俊介さん。

『99.9』では松本潤さんとの共演も話題となりましたね。

桜井一夫:小林薫

f:id:tetsutylor:20161202164838p:plain
 信一の父で偏屈者の大工。信一とは折り合いが悪いが、香夏子と佳織は
よく懐いている。口べたで不器用な下町オヤジ。

『深夜食堂』がヒットして注目の小林薫さん。『美の巨人たち』のナレーションの人というイメージもあります。2017年は大河ドラマ『おんな城主直虎』にも南渕和尚役で出演されます。

 

徳川麻里亜:篠川桃音

f:id:tetsutylor:20161230164807p:plain

直康の一人娘。佳織の小学校に転校してくる。
礼儀正しくおとなしそうに見えるが、父親への反発が強く、なかなか人と打ち解けることが出来ない。中学受験に賭けていて、佳織のライバル。

 

2006年5月16日生まれの篠川桃音ちゃん。

映画『八日目の蝉』やドラマ『ゲゲゲの女房』などに当時4歳で出演し、人形のようなかわいらしさで話題となりました。

 

 

相関図

f:id:tetsutylor:20161230164123j:image

 

第1話あらすじ

 下町の古い集合住宅に暮らす桜井家は、大黒柱の信一(阿部サダヲ)、妻の香夏子(深田恭子)、小学5年生の一人娘・佳織(山田美紅羽)の三人家族。桜井家は代々中卒で、信一も同じ道を辿った。そして、同じく中卒の香夏子と結婚し、現在は不動産業の熱血営業マンだ。そんな学歴とは無縁な桜井家に、佳織が受験した「全日本統一小学生テスト」の結果が届く。“トンビが鷹を生む”ことを願っていた信一だったが、その結果は散々なものだった。

翌朝。出勤した信一は上司から新入社員の楢崎哲也(風間俊介)を紹介される。楢崎は物腰柔らかな男だ。そんな楢崎に対して先輩風を吹かせながら教育係を担当する信一だったが、いきなり楢崎に高級物件の担当客を奪われてしまう。楢崎が名門大学出身だったことが一因らしい。学歴が与える将来への影響を感じた信一は、佳織に入塾テストを受けさせようと考えるが、妻の香夏子は大反対する。

数日後、テストの結果を心待ちにしていた桜井家に緊急の連絡が入る。それは、信一の父・一夫(小林薫)が入院する病院からだった。一夫は、病院ロビーのテレビ画面に映るトクガワ開発社長・徳川直康(要潤)を見た途端、突然暴れ出し、テレビを壊したのだという。一夫はその他にも数々のトラブルを起こしており、見かねた病院から強制退院させられてしまう。そんな不甲斐ない父を見て信一は頭を抱える。佳織の入塾テストの結果は最悪で、勧められたのは一番下のクラス。さらに、信一の思い描く高学歴な大学を目指すには佳織の学年や学力ではもう手遅れだと言われてしまう。その帰り道、落胆する佳織の姿を見た信一は、自分と佳織の二人三脚で中学受験を目指すことを決意。ここから中卒の父が奇跡を起こしていく・・・。

 

予告動画

youtu.be

 

 

ドラマの放送が待ち遠しいですね!

 

 

tetsutyler-durden.hatenablog.com

 

 

tetsutyler-durden.hatenablog.com

 

 

tetsutyler-durden.hatenablog.com