読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドラマなブログ。

ドラマのキャスト・相関図・視聴率速報・あらすじ・ネタバレ・感想ブログです。俳優、女優、子役のプロフィール紹介、出演情報など。ドラマ主題歌、再放送予定など関連情報も。

『メディカルチームレディダヴィンチの診断』第10話最終回あらすじ、ネタバレ、見どころ!吉田羊&伊藤蘭感涙!志帆は真央との別れを選ぶのか?

ドラマ『メディカルチームレディダヴィンチの診断』第10話・最終回のあらすじ、ネタバレ、見どころをレポートします。

f:id:tetsutylor:20161212134957p:plain

 

第10話 最終回 あらすじ

天才ピアノ少女の藤原ひかり(根岸姫奈)を治療していた志帆(吉田 羊)は、ひかりが2年前に起きた爆発事件の被害者で、亡くなった娘の真央(藤澤遥)が自らの命に代えて助けた患者だと気付く。

「ひかりちゃんを死なせたら、真央の死が無駄になる」――娘の死後、手術中に幻覚を見てしまうようになってから、これまで一切のオペを断ってきたが、ひかりだけは自分の手で助けたいと執刀を申し出る志帆。ところが手術当日、家を出ようとした志帆は突然の頭痛に襲われ、倒れてしまう。

志帆に代わり、モヤモヤ病のひかりの手術を執刀したのは雪野(相武紗季)だった。しかし実際には手の施しようがなく、助けるには手術が可能な病院に転院するか、脳神経外科医として腕の立つ志帆が執刀するしかない。

一方で、志帆が脳動脈瘤を患っていることが判明。ついに北畠(高橋克典)は、2年前に志帆の身に起きた出来事を解析診断部のメンバーに打ち明ける。そして雪野もまた、その脳動脈瘤が原因で志帆が亡き娘の幻覚を見ていることを明かす。

たとえ幻覚でも愛する娘との生活を続けるため、死の危険がある脳動脈瘤に気付きながら放置していた志帆。解析診断部のメンバーは、そんな志帆の思いに胸を痛めるが、それでも葉子(伊藤 蘭)は「オペを執刀するなら脳動脈瘤の摘出が必要」と譲らない。

それは、今後真央の幻覚が見られなくなることを意味する。葉子は、ひかりの命を救うか、真央の幻覚を取るか、その選択を志帆に一任する。

どちらを選べば良いのか答えが出せない志帆。するとそこに真央の幻覚が現れ、この2年間の奇跡のような日々を語り合う母と娘。その頃、ひかりの容態が急変し、予断を許さない状況に。

もはや志帆の決断を待ってはいられないと、葉子がひかりを転院させようとしたそのとき、解析診断部に志帆がやってきて…。はたして、志帆が出した決断とは? 解析診断部はひかりの命を救い、志帆は再び笑顔を取り戻すことができるのか!?

もしかしてドラマ最初で最後!?志帆と葉子2人きりの壮絶シーン | メディカルチーム レディ・ダ・ヴィンチの診断 | 関西テレビ放送 カンテレ

   

見どころ・ネタバレ

 

最終回の見どころの一つが、吉田羊さんと伊藤蘭さんの二人きりでのシーン。

f:id:tetsutylor:20161212133253p:plain

相武紗季さん、吉岡里帆さんとともに吉田羊さんの病室を訪れた伊藤蘭さんが、途中で二人を人払いし、解析診断部部長としての立場からではなく、個人として話をするという展開になるようです。


最初にこのチームが起ち上がったときには、高橋克典さんの肝いりで入ってきた吉田羊さんのことは頭から否定していた伊藤蘭さんが、終盤に向けて少しずつ歩み寄る姿勢を見せていましたよね。


そして最終回では腹を割って話をする、というところまできたということに、役を演じる二人も感動して涙をこらえるのがやっとだったようです。

 

長いセリフ回しになったこのシーンは、間違いなくドラマのハイライトの一つになると思いますので見逃せませんよ!

 

そして、もう一つの見どころは、何といっても娘・真央との別れのシーンでしょう。

f:id:tetsutylor:20161212132958p:plain

ひかりちゃんお助けるためには幻覚の真央とはさよならしなければならないという、辛い選択を志帆がどのように受け入れるのか。
おそらく、真央がこれまでの病気解明のためにくれた気づきと同じように、志帆に新しい二人の関係を提案してくれるのではないかと期待しています。
幻覚を見ることで誰にも迷惑はかけていない。しかし、志帆が誰かを助けるための障害となるのなら、それは克服して前に進まないと、人助けの結果として死んでしまった真央ちゃんの想いが無駄になってしまいますよね。

ただ、その選択は、二度も娘を失うという辛すぎる選択になるので、個を持つ親として、私も涙なしには直視できないと思います。


真央ちゃん役を演じた藤澤遥ちゃんの笑顔に毎週癒されていたのは志帆だけじゃなく視聴者である私自身でもあったことに気づきました。


最終回、哀しいですが楽しみにしたいと思います。