ドラマなブログ。

ドラマのキャスト・相関図・視聴率速報・あらすじ・ネタバレ・感想ブログです。俳優、女優、子役のプロフィール紹介、出演情報など。ドラマ主題歌、再放送予定など関連情報も。

ドラマ『カルテット』6話あらすじ、ネタバレ、ゲストキャストは宮藤官九郎!明かされた4人の嘘と謎!ここから物語は恋愛ラブストーリーに突入か?

2月21日(火)放送のドラマ『カルテット』第6話のあらすじ、ネタバレ、ゲストキャストをレポートします。

 

f:id:tetsutylor:20170215010620p:plain

 

第6話 あらすじ

ひょんなことから、すずめ(満島ひかり)幹生(宮藤官九郎)という男性と知り合う。実は幹生は真紀(松たか子)の失踪した夫なのだが、幹生はなぜか諭高(高橋一生)の先輩だと身分を偽る。ある思いから幹生を別荘に招いたすずめは、幹生の靴に防犯用のカラーボールの痕がついていることに気付き…。

一方、真紀は、軽井沢で鏡子(もたいまさこ)と再会する。「幹生を殺したのか」と問い詰められた真紀は、ゆっくりと夫婦の過去を告白して

あらすじ|TBSテレビ:火曜ドラマ『カルテット』

 

ゲストキャスト

巻幹生・・・宮藤官九郎

f:id:tetsutylor:20170215011119p:plain

頼りない感じの雰囲気がはまっている宮藤官九郎さん。

もたいまさこさんが母親だったら確かに逃げ出していそうな感じがしますね。

   

第5話で幹生が生きていることがわかり、真紀の謎もついに解明されました。

これでひとまずカルテット4人の嘘と謎は全て明かされたことになります。

 

さて、ここから第2幕です。

「カルテットに迫る新たな危機」

ということで、ここからカルテット4人の新しい関係がスタートしていくものと思われます。

 

これまでなんとな~く、友達以上、恋人未満、というようなつかず離れずの関係だった4人ですが、お互いの素性がはっきりしてきたことで、もしかすると男女の関係、四角関係といった恋愛に発展していくということも考えられます。

 

とりあえず、第6話で巻夫婦がどのような関係に落ち着くことになるのかが見どころとなるのではないでしょうか。