ドラマなブログ。

ドラマのキャスト・相関図・視聴率速報・あらすじ・ネタバレ・感想ブログです。俳優、女優、子役のプロフィール紹介、出演情報など。ドラマ主題歌、再放送予定など関連情報も。

ドラマ『嘘の戦争』8話あらすじ、ネタバレ!殺し屋六車と対決!浩一は仁科家への情を断ち切り復讐を遂げることができるのか?三瓶守(大杉漣)が怪しい!

 

2月28日(火)放送のドラマ『嘘の戦争』第8話のあらすじ、ネタバレをレポートします。

 

f:id:tetsutylor:20170222075429p:plain

 

第8話 あらすじ

30年前、一家心中に見せかけて家族を殺された浩一(草彅剛)は、事件の首謀者で復讐(ふくしゅう)の最終目標でもある興三(市村正親)に近づくため、娘の楓(山本美月)と婚約。一家殺害のきっかけを作った長男の晃(安田顕)も破滅させ、着実に興三を追い詰めていく。さらに、二科家の周辺で怪しい動きを見せる六車(神保悟志)も30年前の実行犯だとにらんだ浩一は、六車を陥れるための罠を仕掛けることに。危険な計画を前に浩一の身が心配になったハルカ(水原希子)は、「死ぬところなんて見たくない。浩一が好きだから」と、思わず自分の思いを口にしてしまう。しかしそんなハルカの身に六車が忍び寄っていた…!
病院ではわずかに言葉を取り戻した興三が千葉陽一の名前を口にしていた。聞き覚えのない名前に浩一との関係を疑う楓。しかし隆(藤木直人)は、浩一こそが千葉陽一だと気づく。隆は、自分や晃に仕掛けられたUSBのウィルスで2000万円をだまし取られた事で、浩一を警察に突き出せるだけの証拠を持っていた。浩一に会いにやって来た隆は金で解決しようと話を進めるが、浩一は興三が“30年前の事件の隠ぺい”を語る録音テープでニシナコーポレーションの弱みを握っていた。張りつめた空気の中で二人が取引を行っていると、そこにある人物が現れて…?
いよいよ浩一の壮絶な復讐劇もクライマックスに突入し、一刻を争う事態に発展していく…!

 

   

ついに殺人の実行犯だったとみられる六車がとうじょうしました。

 

神保悟志さん演じる六車は、見た目こそそこまで恐ろしくはありませんが、それがかえって冷酷で残忍な本性を隠すためのものだと考えると、空恐ろしくなりますね。

f:id:tetsutylor:20170222080238p:plain

さて、第7話では、千葉家惨殺の原因となったOL殺人事件の加害者だった晃が制裁を受けました。

ただ、これまでの行動で情が移ったのか、会社をクビ、というのはこれまでの人物に比べてかなり甘い制裁だと思います。

 

仁科会長のことも助けたのは、もっとひどい地獄を見せてやるからだといっていましたが、浩一にはやはりどこか残忍になりきれない部分があるんじゃないでしょうか?

これから対決することになる六車は、そういった感情は皆無なようなので、そこの部分では六車に付け入られるスキもあるでしょう。

実際、浩一の仲間であるハルカを襲ってくるあたり、浩一のスキをついてこようという作戦だと思います。

 

果たして浩一は六車の追撃をかわして彼に制裁を与え、反撃してくる隆を返り討ちにすることができるのでしょうか。

 

また、いまだに何かを隠している様子の大杉漣さん演じる三瓶守。

彼の言動にも怪しさが残っているので、こちらの嘘もどのように暴かれるのか期待です。

 

次週も楽しみにしたいと思います!

 

tetsutyler-durden.hatenablog.com

tetsutyler-durden.hatenablog.com

tetsutyler-durden.hatenablog.com

tetsutyler-durden.hatenablog.com

tetsutyler-durden.hatenablog.com

tetsutyler-durden.hatenablog.com