読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドラマなブログ。

ドラマのキャスト・相関図・視聴率速報・あらすじ・ネタバレ・感想ブログです。俳優、女優、子役のプロフィール紹介、出演情報など。ドラマ主題歌、再放送予定など関連情報も。

ドラマ『嘘の戦争』10話最終回あらすじ、ネタバレ!百田とカズキの裏切り!仁科家との最後の決着へ!浩一とハルカのスピンオフ続編に期待!

3月14日(火)放送のドラマ『嘘の戦争』第10話・最終回のあらすじ、ネタバレをレポートします。

 

f:id:tetsutylor:20170308073025p:plain

 

第10話 最終回 あらすじ

正体を明らかにした浩一は、興三が30年前の罪を告白した録音テープを公開しない代わりに謝罪会見を開くよう要求。しかし、興三が会見の席で口にしたのは謝罪ではなく、浩一に受けた脅迫や一連の詐欺行為についてだった。
返り討ちにあい、怒りに震える浩一は、例の録音テープを公表しようとするが、データはすでに、隆に寝返った百田(マギー)とカズキ(菊池風磨)によって削除されていた。さらに興三の訴えによって、浩一は警察に追われる羽目に――。
二科家の反撃と仲間の裏切りによって絶体絶命のピンチに陥った浩一だが、いかに興三にざんげをさせるかと、さらなる復讐に燃えていた。一転して浩一は30年前のOL殺人事件を隠ぺいした“新たな証拠と証人が見つかった”と隆に電話をする。「ダマされたら、ダマし返す。詐欺師は詐欺師らしいやり方で…30年前を終わらせる」と笑みを浮かべて話す浩一を心配するハルカ(水原希子)と守(大杉漣)、果たして浩一が仕掛ける大がかりな新しいワナとは?果たして浩一は30年前の悪夢から解き放たれるのか?――天才詐欺師が見た、復讐劇の結末はいかに!?

 

 

恩人である三瓶守への復讐を、すんでのところで思いとどまった浩一。

合成写真をばら撒いた瞬間、やってしまった!と思いましたが、まさかの妄想オチでしたね。

 

浩一としては、大人になった今だからこそ娘の誕生日にも駆け付けずに傍にいつづけてくれたことの意味の大きさが理解できるんでしょうね。

多分、子どもだった当時であれば、そんなことくらいでは許す気にもならなかったでしょうけど。

 

さて、恩人との関係を修復することができた浩一ですが、詐欺師仲間である百田とカズキには裏切られてしまいました。

 

百田はさすが浩一の師匠ですね。血も涙もない。

名字に数字が入っている登場人物の中でも大きい数字である「百」を持つだけのことはあります。

 

しかし浩一も本名は「千」葉なので、百には負けていません。

このまま引き下がるわけはないでしょう。

 

しかし、浩一を裏切って、切り札の音声データを仁科家に渡した百田とカズキですが、そのやり方だと、六車に口封じのために殺されてしまうんじゃないでしょうか。

仁科家としては、彼らがデータを完全に消去したかどうかを確かめるすべはなく、いつまた30年前の事件の真相をネタに強請られるとも限らないと考えるのが普通でしょう。

 

百田はこのあとどのように仁科家と付き合っていこうとしているのか、その先の計画がどうなっているのかも気になります。

 

また、ついに最終回を迎えるわけですが、仁科家との因縁の対決が終わった後、浩一やハルカが全く別の詐欺事件に挑むスピンオフドラマや続編スペシャルみたいなものがあるとファンとしては嬉しいんですけどね。

 

tetsutyler-durden.hatenablog.com