読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドラマなブログ。

ドラマのキャスト・相関図・視聴率速報・あらすじ・ネタバレ・感想ブログです。俳優、女優、子役のプロフィール紹介、出演情報など。ドラマ主題歌、再放送予定など関連情報も。

ドラマ『東京タラレバ娘』9話あらすじ、ネタバレ!大島優子と田中圭がゲス不倫!不毛な恋に終止符を打つことができるか?

東京タラレバ娘

3月15日(水)放送のドラマ『東京タラレバ娘』第9話のあらすじ、ネタバレをレポートします。

 

f:id:tetsutylor:20170308235435p:plain

第9話 あらすじ

早坂(鈴木亮平)と付き合い始めた倫子(吉高由里子)は、気取らない店で好きなものを食べたり、一緒にテレビを見たりして過ごす「フツウ」の幸せを実感する。
ようやく“おさまるところにおさまった”倫子を、香(榮倉奈々)と小雪(大島優子)は心から祝福。 早坂から「一緒に暮らそう」と提案され、さらに舞い上がる。
一方、香はKEY(坂口健太郎)に背中を押されて涼(平岡祐太)と別れ、気分新たに婚活を再スタート。 KEYは亡き妻の七回忌の法要で義父から「娘のことは忘れてほしい」と言われショックを受ける。
ある夜、小雪は“ルール違反”であることを自覚しながら、妻が出産の里帰りで不在の丸井(田中圭)の自宅に泊まる。 しかし翌朝、妻の緊急帝王切開の知らせが入って丸井は慌てて出ていき、小雪は丸井の家に一人取り残されてしまう……。

ストーリー|東京タラレバ娘|日本テレビ

   

 KEYと一夜をともにしたり、バーテンダーの奥田と付き合ったりと紆余曲折を経てきた倫子さんですが、ここへきて一番の本命と思われてきた早坂さんに戻ってきましたね。

 

一応、原作通りの展開となっているので、ここからは原作とドラマでどのように違ったストーリーが展開されるのか楽しみです。

 

香はKEYの助けをかりてようやく涼ちゃんとの不毛な関係を終わらせるべく一歩を踏み出しました。

 

そしてもう一人のタラレバ娘、大島優子さん演じる小雪にも、不毛な恋を終わらせる時がきたようです。

 

妻が妊娠中に不倫という、社会的には抹殺されてもおかしくないくらいの鬼畜っぷりを披露してくれている丸井さんが、また大胆なことに自宅に小雪を招くという暴挙に出ます。

 

田中圭さんの真面目そう&甘いマスクに騙されて、その下衆な言動がこれまでスルーされてきましたが、ついにそうもいかなくなるようです。

 

香の妊娠が勘違いだと分かったときの涼ちゃんの「良かった~」という言葉も、相当、人を怒らせる最低の一言でしたが、

今回の丸井さんの行動はその上をいく無神経極まりない最悪の行動ですね。

 

不倫相手が自分を許してくれていることをいいことに、自分の欲望のままに行動しているこの男こそ、このドラマ内で最も断罪されるべき人間ではないでしょうか。

 

ドラマの方向性が基本的にラブコメなのでそこまで重くありませんが、ドラマが違えば小雪の行動次第で人生終わらせられるくらいのことをしていますよ。

 

これは金田明夫さん演じる小雪の父ちゃんじゃなくても、あいつはやめとけと言いたくなります。

 

平岡祐太さん演じる涼ちゃんは、一人身だしバンドマンという夢追い人なので、あんな子どもみたいな言動も許されますが、丸井さんは結婚して子供もいるというサラリーマンなので、本来は不倫なんてできる身分じゃないはずです。

 

 というわけで、下衆不倫中の丸井と小雪がどうなるのかに注目です。

 

tetsutyler-durden.hatenablog.com