読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドラマなブログ。

ドラマのキャスト・相関図・視聴率速報・あらすじ・ネタバレ・感想ブログです。俳優、女優、子役のプロフィール紹介、出演情報など。ドラマ主題歌、再放送予定など関連情報も。

ドラマ『嫌われる勇気』10話最終回のあらすじ、ネタバレ、感想、黒幕、救世主(メシア)、蘭子を誘拐した犯人は鑑識官・梶!桜田通が美味しいところ全部持ってった!

ドラマ『嫌われる勇気』第10話最終回のあらすじ、ネタバレ、感想、黒幕、救世主(メシア)、蘭子を誘拐した犯人をレポートします。

 

 

f:id:tetsutylor:20170316234711p:plain

 

ついに最終回を迎えたドラマ『嫌われる勇気』

 

途中、日本アドラー心理学会から抗議をうけ、打ち切りの危機と言われていましたが、無事にフィナーレとなりましたね。

 

さて、18年の時を超えて再び誘拐されてしまった安堂蘭子。

 

18年前も今回も、誘拐を実行した実行犯は、大文字教授の同僚、土方でした。

 

しかし彼は事件の黒幕、救世主(メシア)を名乗る人物ではなく、単なる実行犯にすぎませんでした。

真の犯人は別にいて、土方から「先生」と呼ばれていました。

そしてその「先生」と呼ばれた人物は、安堂を殺すことはせず、代わりに土方を殺害して逃亡してしまったようでした。

 

そこへ大文字教授が現れて蘭子を救出し、さらに遅れて現場に駆け付けた青山は、状況から見て大文字がメシアの正体なのではないかと疑います。

 

しかし、大文字は蘭子の父から18年前の事件の相談を受けていたため事件に詳しかったというだけだと言い、メシアであるということは明確に否定しました。

 

では一体誰が救世主(メシア)なのか?

 

真実は突然明かされます。

 

メシアの正体、それはズバリ、

 

鑑識官・梶準之助でした。

 

f:id:tetsutylor:20170317074827p:plain

彼は安藤蘭子の父親が指揮した事件で、容疑者の冤罪を示す証拠を見つけたものの、上層部からの指示でもみ消されてしまったという苦い過去がありました、

 

その時のことを逆恨みした梶は、蘭子を誘拐して蘭子の父に復讐しようと考えたわけです。

 

さて、私の予想では、土方を操っていたのは大文字教授だと思っていたのですが、

9話の時点でその可能性はほぼ無い展開になってしまっていました。

 

なので、もしかすると蘭子の父がまだ生きていて、彼が黒幕では?と考えたのですが違っていましたね。

 

tetsutyler-durden.hatenablog.com

 

鑑識官の梶が犯人であるという説は全くのノーマークだったので、その驚きがあっただけでも、このドラマを見た甲斐があったなと思います。

 

一つ気になるのが、最初から最後まで桜田通さん演じるキャリア刑事・三宅が「カッコイイキャラ」だったことです。

f:id:tetsutylor:20170317075057p:plain

 

tetsutyler-durden.hatenablog.com

 

もっとオタクのダサいキャラが、蘭子との事件解決を通してカッコよくなっていく、という展開がベタですが見ていて共感できそうな気がしました。

最終回では、鑑識官の村上さんだけでなく、監察医の相馬めい子まで彼に惹かれてしまうという、美味しいところを全部持って行った感が半端ありませんでした。

 

加藤シゲアキさんはけっこうないがしろにされてしまう役どころだったので、桜田通さんとの扱いの差にファンは不満が溜まったかもしれませんね。

 

 

 

tetsutyler-durden.hatenablog.com