読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドラマなブログ。

ドラマのキャスト・相関図・視聴率速報・あらすじ・ネタバレ・感想ブログです。俳優、女優、子役のプロフィール紹介、出演情報など。ドラマ主題歌、再放送予定など関連情報も。

相葉雅紀主演月9ドラマ『貴族探偵』1話あらすじ ネタバレ 原作「貴族探偵対女探偵・白きをみれば」との違い比較 犯人!

4月17日(月)放送の月9ドラマ『貴族探偵』第1話のあらすじ、ネタバレ、原作との違い比較、犯人をレポートします。

 

 

f:id:tetsutylor:20170408131201p:plain

第1話 あらすじ ネタバレ

上流階級の出らしいということ以外、本名、職業、年齢など全てが謎の紳士、貴族探偵(相葉雅紀)。不可解な事件現場にふらりと赴き、解決に導くのだが、一切の推理は運転手の佐藤(滝藤賢一)、メイドの田中(中山美穂)、執事の山本(松重豊)に任せきりにしか見えない。そんな貴族探偵が今回、現れた場所とは?
 一方、高徳愛香(武井咲)は、喜多見切子(井川遥)を師と仰ぎ、彼女の事務所に勤める女性探偵。その日、愛香は事務所の重要なクライアントである玉村家の令嬢、依子(木南晴夏)の別荘、通称ガスコン荘で行われるパーティーに招かれていた。

愛香が到着すると、出迎えた依子がすでに集った友人たちと昨夜パーティーを行ったとのこと。意に介さぬ愛香に、依子はガスコン荘の地下にある“鬼隠しの井戸”の話をする。その古井戸には、死体を投げ込むと消えてしまうという伝説があった。愛香は半ば強引に依子に案内してもらうのだが、古井戸の側にパーティーの客の死体が…。そしてその周囲には無数の血の足跡が!
 現場を確認した愛香は、警察に連絡。しばらくすると、警部補の鼻形雷雨(生瀬勝久)が部下の常見(岡山天音)をともなって現れ、パーティー客らを一部屋に集める。殺害状況などから、容疑者は昨夜からガスコン荘にいた者の誰かだと思われた。一晩ガスコン荘は密室状態…。ということは容疑者はこの中に?…。と、そこに、主人の使いで来た執事と名乗る山本が顔を出す。山本が一同を案内したのは、庭に作られた巨大な天幕。唖然とする一同の前に悠然と貴族探偵が登場。貴族探偵は、この事件を自分が解決すると言い放つ。

ストーリー第1話 | 貴族探偵 | オフィシャルページ - フジテレビ

   

原作との違い比較・トリック・犯人

『貴族探偵対女探偵』白きをみれば

 

 

女探偵・高徳愛香が初登場するストーリー「白きをみれば」が おそらくベースとなっていると思われます。

原作との違いは玉村依子が登場しないこと。

高徳愛香がガスコン荘を訪れ、そこで起こる殺人事件を推理します。

 

高徳愛香が亀井という人物を犯人だと推理します。

しかし、亀井は実は貴族探偵の「仮名」でした。

そして執事の山本が登場。

愛香の推理の穴を指摘し、真犯人とそのトリックをカンタンに暴露します。

 

犯人は畦野。被害者の笹部が畦野を殺害しようと計画を企てていたところを返り討ちにしてしまった、というのが事件の真相でした。

 

原作とドラマを比較すると、ドラマ版の方が登場人物が圧倒的に多くなっています。

「白きをみれば」には、玉村依子、メイドの田中、運転手の佐藤は登場しませんし、さらにいえば神奈川県警の鼻形雷雨や常見慎吾、冬樹和泉らはドラマオリジナルキャラクターです。

また、庭に天幕をたてるというようなこともありません。

 

彼らを加えてどのようなストーリーが展開されるのか楽しみですね。

 

tetsutyler-durden.hatenablog.com