読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドラマなブログ。

ドラマのキャスト・相関図・視聴率速報・あらすじ・ネタバレ・感想ブログです。俳優、女優、子役のプロフィール紹介、出演情報など。ドラマ主題歌、再放送予定など関連情報も。

ドラマ『母になる』3話あらすじ、ネタバレ!結衣と陽一の復縁は問題山積み!麻子と結衣が対面会話で語られる衝撃の真意!

4月26日(木)放送のドラマ『母になる』第3話のあらすじ、ネタバレをレポートします。

 

親子3人での生活が始まろうしていますが、問題は山積みのようです。

そして麻子の真意とは?

 

f:id:tetsutylor:20170421205846p:plain

 

第3話 あらすじ
広(道枝駿佑)と一緒に暮らすことに決めた結衣(沢尻エリカ)と陽一(藤木直人)。

広の存在を届けなかった麻子(小池栄子)を裁判で訴えることもできると木野(中島裕翔)は言うが、結衣は広のためにもこれ以上の騒ぎは望まないと答える。
柏崎オートで広のお誕生日会が開かれ、すぐさまみんなにうちとける広の様子に里恵(風吹ジュン)は喜び、莉沙子(板谷由夏)もほっとする。しかし麻子の手紙から広の本心を推しはかる結衣は離婚はしていないとつい嘘をついてしまう。

里恵のすすめで親子3人一緒に暮らすため、柏崎オートに引っ越す結衣。陽一との距離感に戸惑いながらも、柏崎家として新しい生活を築く試みが始まる。


そんな中、広は、結衣から誕生日プレゼントでもらった携帯電話で、こっそり麻子に連絡をとっていた。柏崎家で暮らすことになったと報告する広に麻子は「逢いに行く」と告げ…。

ストーリー|母になる|日本テレビ

youtu.be

 

   

 

親子三人の感動の再会も束の間。

息子の本心が一体どこにあるのか探りかねる結衣と陽一は、とにかく息子が自分たちとの距離を詰めてくれるよう仲が良いように繕うようです。

 

ただやはり長い間別れて暮らしていた二人なので、おそらくどこかでボロが出始め、きっとまた喧嘩をしてしまうんでしょうね。

 

それを広に見せたくない気持ちは分かりますが、お互いの本心を隠したままでは、息子だって本心を語ろうという気にはならないでしょうね。

 

リスクはあるかもしれませんが、ちゃんと本音で話をできる関係に親同士が戻ることが、息子の心を開く近道のような気がします。

 

さて、気になるのは小池栄子さん演じる麻子の言動です。

 

そもそも、なぜ彼女は広を置いて出て行ってしまったのでしょうか?

また、電話一つで広と会う約束までできてしまうくらいの状況なので、そこまでひっ迫した何かがあるわけでもない感じです。

 

麻子と結衣は対面して会話するようですし、麻子が手紙で語っていた「ちょっと焦っている」状況は一旦落ち着き、ちゃんと経緯を話してくれるのかもしれません。

 

この二人の「母親」がどのような会話をするのかが注目です。

 

tetsutyler-durden.hatenablog.com

tetsutyler-durden.hatenablog.com

tetsutyler-durden.hatenablog.com

tetsutyler-durden.hatenablog.com

tetsutyler-durden.hatenablog.com