ドラマなブログ。

ドラマのキャスト・相関図・視聴率速報・あらすじ・ネタバレ・感想ブログです。俳優、女優、子役のプロフィール紹介、出演情報など。ドラマ主題歌、再放送予定など関連情報も。

ドラマ『屋根裏の恋人』原作 あらすじ ネタバレ キャスト 相関図 石田ひかり 今井翼 三浦理恵子 松澤一之 大友花恋 髙橋楓翔 速田隆成 勝村政信 高畑淳子 主題歌BoA 実話事件から書きおろし!

6月3日(土)放送スタートのドラマ『屋根裏の恋人』の原作、あらすじ、ネタバレ、キャスト、相関図、主題歌をレポートします。

 

14年ぶりの連ドラ主演となる石田ひかりさんと9歳差となる今井翼さんによるラブサスペンスドラマです。

f:id:tetsutylor:20170527165915p:plain

番組概要

放送日時:2017年6月3日(土)23時40分スタート 毎週土曜 全8話
企画:横田誠(東海テレビ)
脚本:旺季 志ずか
音楽:平井真美子
プロデュース:
後藤勝利(東海テレビ) 
渡辺良介(大映テレビ) 
熊谷理恵(大映テレビ)
監督:中田秀夫 川村泰祐 大内舞子

 

原作は?

このドラマに原作はありません。

過去に、元カレや不倫相手を屋根裏で匿って二重生活を続けていた女性の実話が海外で確認されており、そこから着想されたストーリーではないでしょうか。

というより、実話でそんなことがあったなんて信じられませんね。

 

出演キャスト
西條衣香  石田ひかり
瀬野樹  今井翼
菅沼杏子  三浦理恵子
和田祐一  松澤一之
西條帆花  大友花恋
西條勇人  髙橋楓翔
金子晃  速田隆成
西條誠  勝村政信
西條千鶴子  高畑淳子

 

相関図

f:id:tetsutylor:20170527164814j:image

   

あらすじ

鎌倉の一軒家。
西條衣香(石田ひかり)は、夫・誠(勝村政信)の父の死を機に、義父が遺した鎌倉の洋館に、夫と娘・帆花(大友花恋)・息子と引っ越してきた。義父の後妻である姑・千鶴子(高畑淳子)に強く勧められたためだ。同じ敷地内の別棟とはいえ、自分とは違ったタイプの派手で奔放な姑と同じ敷地内で暮らしていくことに不安はあったが、長年の夢だったフラワーアレンジメント教室を自宅サロンで開けること、一家四人が広々と過ごすことができる念願の住処だ。
絵に描くような幸せな光景がみえ、洋館への引っ越しを決意した。

洋館の庭で行われた引っ越しパーティーの日。
衣香のもとに、昔の恋人・瀬野樹(今井翼)が突然現れる。
彼は「借金とりに追われているから匿ってくれ」という。

18年前に別れた恋人、あれから連絡をとっていなく、新居の住所を知るはずもない。
なぜ、ここにやってきたの?どうして?
とにかく今の衣香には、家族に紹介できる相手では無い。

直観的に恐怖を感じ、瀬野を追い返そうとするが、
彼は姿を消していた…。

その夜から、西條家では、不思議なことが起こる。
冷蔵庫の食料が減っていたり、夫の洗濯物が無くなったり。
そして、衣香の結婚記念日に信じられないことが起きた。
家族が帰らない家の屋根裏からバイオリンの音色が聴こえてきた。
音に導かれるように、屋根裏へ登っていくと、瀬野がバイオリンを奏でている。

彼は、西條家の目を盗んで、屋根裏に棲みついていたのだ。

以来、瀬野は、屋根裏から西條家の本当の姿を見つめ始める。
衣香は、家族が黙っていた秘密、裏の顔を知ることになっていく。

いじめにあっていた、中学3年生の息子…。
恋人との深刻なトラブルに悩む、高校2年生の娘…。
証券会社に勤務して将来有望の夫。家庭でも良い父親のはずが…。
姑が呼び寄せた本当の理由とは…。
さらに、衣香の良き相談相手の親友・菅沼杏子(三浦理恵子)までもが、大きな秘密を抱えていて…。

精神的に追い詰められていく衣香。揺れ動く瀬野への気持ち。
そんな中、1つの殺人事件がさらなる運命の歯車を狂わせていく。

果たして、瀬野が屋根裏に棲みついた本当の理由とは。
そして衣香は、壊れかけた家族とどう向き合っていくのか。
“すべての裏”が明らかになる時、衝撃の結末が待ち受けている!

ストーリー|屋根裏の恋人|東海テレビ

 

主題歌 BoA『Right Here,Right Everywhere』

f:id:tetsutylor:20170527224853p:plain

BoA OFFICIAL WEBSITE

 

まとめ

石田ひかりさんと今井翼さんの共演よりも、高畑淳子さんが出演するということで話題となっているようです。

高畑淳子さんが演じる役柄的にも好感度が低そうなので批判的な意見が多く出そうです。

波瑠さんが『あなたのことはそれほど』の役柄で批判を受けているようですが、同じようなことが起きると予想される中、敢えてキャスティングしてくる制作側、そしてそれを受けざるを得ないほど苦境に立たされている高畑淳子さんの立場、それらを思うと、ドラマの内容以上にどろどろとしたものを感じますね。