ドラマなブログ。

ドラマのキャスト・相関図・視聴率速報・あらすじ・ネタバレ・感想ブログです。俳優、女優、子役のプロフィール紹介、出演情報など。ドラマ主題歌、再放送予定など関連情報も。

『黒革の手帖』2話あらすじ ネタバレ 感想 視聴率12.3%!ゲス奥田瑛二、悪女仲里依紗、復讐鬼高畑敦子

※2017年7月27日情報更新 

2017年7月27日(木)放送のドラマ『黒革の手帖』第2話のあらすじ、ネタバレ、感想、視聴率をレポートします。

 

ドラマ『黒革の手帖』の登場人物・キャスト・相関図

原口元子/武井咲

安島富夫/江口洋介

山田波子/仲里依紗

村井亨/滝藤賢一

牧野/和田正人

島崎すみ江/内藤理沙

橋田常雄/高嶋政伸

岩村叡子/真矢ミキ

中岡市子/高畑淳子

楢林謙治/奥田瑛二

長谷川庄治/伊東四朗

丸山聖華/さとうほなみ(ほな いこか:ゲスの極み乙女。)

 

tetsutyler-durden.hatenablog.com

 

 

ドラマ『黒革の手帖』あらすじ

東林銀行世田谷北支店で派遣社員として働く原口元子(武井咲)。莫大な金を預けにくる顧客や違法な“借名口座”に金を預ける預金者、そしてコネで入行してきた大口取引先の娘と自分の人生を比較し、そのあまりの違いに現実を痛感していた。
 昼は派遣社員、夜は銀座のクラブ『燭台』でホステスとして働く元子。すべては母親が遺した借金を返済するためだった。

そんな中、コネ入行の新入社員のミスを押し付けられる形で銀行から契約を打ち切られた元子は、ひそかに準備していた計画を実行する。

支店長らが行っていた大口顧客の脱税あっせんの口座から、1億8千万円を自分の口座へ移したのだ。

支店長らの不正と、大口顧客の裏金リストを記した「黒革の手帖」をマスコミに暴露すると脅して1億8千万円を手に入れた元子は、銀座に自分の店「カルネ」をオープンさせる。

元子と金持ちの戦いがはじまった!

木曜ドラマ『黒革の手帖』|テレビ朝日

   

 

ドラマ『黒革の手帖』 第2話 あらすじ

f:id:tetsutylor:20170721080426p:plain

東林銀行から横領した1億8千万円と借名口座のリストを記した“黒革の手帖”を元に、銀座にクラブ『カルネ』をオープンさせた原口元子(武井咲)。若き銀座のママとして新たな道を歩み始めた元子はある日、銀座の街で元同僚の山田波子(仲里依紗)と再会する。元カレのために使ったカードの支払いのために必死に働く波子に、元子は「なにかあったら電話して」と名刺を渡すのだった。
『カルネ』開店から1カ月が経とうとする頃、元子を訪ねて、安島富夫(江口洋介)が店にやってくる。お世話になった大臣と、その妻のために次の選挙への出馬は見送る、と話す安島に、元子は「戦うべきだと思う」と進言。元子の言葉に力づけられる安島だったが…?

 ほどなくして、波子が元子の店で働くことに。入店早々、楢林謙治(奥田瑛二)に見初められるが、次第に親密になっていくふたりに元子は一抹の不安を感じる。さらに波子は、ほかのホステスの客に手を出したという話が広まり『カルネ』の中で孤立。「あんな女とは一緒に働けない」とホステスたちが次々と辞めてしまう!
 やがて元子の不安が的中。なんと波子が思いもよらぬ行動に出る!
『銀座の掟』を無視するかのような行動を繰り返す波子に制裁を加えるため、元子は波子、楢林、そして楢林クリニックの看護師長・中岡市子(高畑淳子)にある仕掛けを…。

youtu.be

 

 

ドラマ『黒革の手帖』第2話の感想

仲里依紗さん演じる山田波子が絵にかいたような悪女で笑えましたね。

『あなたのことはそれほど』では、物静かな妻として、浮気夫を冷たく突き放す役どころでしたが、今回はその真逆。

うるさくて品がなくて金に魅入られた亡者みたいになってしまって残念です。

 

奥田瑛二さんも、こんな役が本当に似合ってますね。

一番驚いたのが、高畑淳子さんがサラッと言っていたセリフ「入院中の奥様の面倒は誰が見るの?」

って、あんた結婚しとったんかい!

美容整形外科の先生ってあくどいことやってそうなイメージがついたのっていつからなんでしょうね。

高須クリニックがそのイメージを変えてくれるかもしれませんが。

 

その後、高畑敦子の復讐心を利用して仲里依紗の店の開業資金5000万円を手に入れた武井咲。

 

次は滝藤賢一と高嶋政伸、江口洋介がターゲットのようです。

 

 

ドラマ『黒革の手帖』第2話 視聴率

12.3%でした。

前回から0.6%アップです。

ここまでの平均視聴率は12.0%です。

 

ドラマ『黒革の手帖』第2話以外のあらすじ、ネタバレ

 

tetsutyler-durden.hatenablog.com