ドラマなブログ。

ドラマのキャスト・相関図・視聴率速報・あらすじ・ネタバレ・感想ブログです。俳優、女優、子役のプロフィール紹介、出演情報など。ドラマ主題歌、再放送予定など関連情報も。

『僕たちがやりました』6話 あらすじ ネタバレ 感想 視聴率5.2%! 輪島は菜摘の親の仇!三浦翔平「闇の中」キモ怖い演技がいい!

2017年8月22日(火)放送のドラマ『僕たちがやりました』第6話のあらすじ、ネタバレ、感想、視聴率、真犯人をレポートします。

 

ドラマ『僕たちがやりました』の登場人物・キャスト・相関図

増渕トビオ/窪田正孝 

蒼川蓮子/永野芽郁

市橋哲人/新田真剣佑

丸山友貴(マル)/葉山奨之

伊佐美翔/間宮祥太朗

小坂秀郎(パイセン)/今野浩喜

新里今宵/川栄李奈

飯室成男/三浦翔平 

立花菜摘/水川あさみ

輪島宗十郎/古田新太

西塚智広/板尾創路

増渕優子/榊原郁恵

増渕ハル/八木莉可子

三浦由佳/岡崎紗絵

熊野直矢/森田甘路

ホームレスのヤング/桐山漣

有原正樹/吉村界人

 

tetsutyler-durden.hatenablog.com

 

ドラマ『僕たちがやりました』あらすじ

凡下(ぼけ)高校2年生の増渕トビオ(窪田正孝)は、大それた夢は持たず“そこそこで生きられればいい”と考えるイマドキの高校生。
新しい彼女・新里今宵(川栄李奈)ができて浮かれている同級生の伊佐美翔(間宮祥太朗)や、“マル”こと丸山友貴(葉山奨之)、“パイセン”こと凡下高OBの小坂秀郎(今野浩喜)と、ボウリングやカラオケに興じる、そこそこ楽しい日々を送っていた。

そんななか、ヤンキーの巣窟として知られる矢波(やば)高の市橋哲人(新田真剣佑)が仲間に指示しマルが市橋のグループに捕まり、ボコボコにされてしまったのだ。
血まみれの痛々しいマルにうろたえるトビオ、伊佐美、パイセンの3人。これをあざ笑う市橋たちに怒りがこみ上げたトビオは、「アイツら殺そう、俺たちで」と復讐を誓う。
翌日、トビオ達は復讐計画を思いつき、イタズラ半分で矢波高へ小型の爆弾をしかけた。

しかし、思わぬ大爆発が起きてしまい死傷者が多数出る大災害となってしまった!

 

   

ドラマ『僕たちがやりました』第6話 あらすじ

f:id:tetsutylor:20170815215945p:plain

 爆破事件の真犯人を名乗る真中幹男(山本浩司)が犯行を自供し、パイセン(今野浩喜)は釈放に。大爆発は真中の仕業で、自分たちに責任はないとパイセンから告げられたトビオ(窪田正孝)は、ようやく罪の意識から解放される。
まもなく、伊佐美(間宮祥太朗)とマル(葉山奨之)も戻り、再会した4人。マルがトビオから奪った金を使い果たし、伊佐美の金まで横取りしようとしたと知ったトビオはあきれるが、事件の前の“そこそこ”に楽しい日常が戻った喜びが、マルへの怒りを忘れさせてしまう。
同じ頃、菜摘(水川あさみ)が不審な動きを見せていた。弁護士の西塚(板尾創路)から「“協力”の礼に」と金を受け取った菜摘は、その夜、帰宅したパイセンの前に現れて…。
一方、事件の結末に納得がいかない飯室(三浦翔平)は、闇社会のドン・輪島(古田新太)が事件に何らかの関わりがあるのではないかと疑い、輪島に会いに行く。
そんなある日、蓮子(永野芽郁)がトビオの元を訪ねてきた。トビオへの容疑が晴れたことを喜ぶ蓮子。市橋(新田真剣佑)と蓮子の仲を疑っていたトビオだが、誤解とわかり、2人はいいムードに。
翌日、トビオたちはパイセンの自慢げな告白に驚く。なんと菜摘からデートに誘われたというのだ。1人では心細いのか、無線マイクと隠しカメラを用意していたパイセンは、菜摘との会話をこっそりモニターするようトビオたちに頼むと、いそいそとデートに出かけていくが、菜摘には全く別の思惑が隠されていた…。

僕たちがやりました | 関西テレビ放送 KTV

 

ドラマ『僕たちがやりました』第6話 真犯人は?

 水川あさみさん演じる立花菜摘と裏社会のドン、輪島がどのような関係なのかはわかりませんが、弁護士の西塚から金を受け取っていたことから、どちらかというと輪島の側に今回の事件をパイセンの罪にはさせたくない事情があったようですね。

 

ここで気になるのは、パイセンが一体どういう素性なのかということです。

輪島と血縁関係にあるのかと思いましたが、どうやら違うようです。

 

また、菜摘はパイセンの素性を気にしているようで、その点で輪島と利害関係が一致して今回の嘘の証言につながったと思われます。

 

菜摘自身も何か秘密を抱えているようですが、完全に黒、という感じではないようなので、結局は輪島にいいように利用されてしまうのではないでしょうか。

 

また、トビオたちも事件が冤罪とわかったのもつかの間、更なる地獄のような事実を突きつけられて、真の地獄はここからが始まりに過ぎなかったということになるようです。

 

果たして輪島がどうしても闇に葬り去りたかった真実とは一体何なのか?

次回も気になる展開ですね!

 

ドラマ『僕たちがやりました』第6話の感想

三浦翔平さんの「闇の中~、闇の中~」はキモ怖い感じでよかったです。

水川あさみさん演じる菜摘先生は、どうやら輪島が親の仇のようですね。

パイセンに目を付けたところまではよかったですが、詰めが甘い感じで残念です。

 

ドラマ『僕たちがやりました』第6話 視聴率

5.2%でした。

前回より0.2%ダウン。

ここまでの平均視聴率は、6.23%となりました。

  

tetsutyler-durden.hatenablog.com

tetsutyler-durden.hatenablog.com

tetsutyler-durden.hatenablog.com

tetsutyler-durden.hatenablog.com

 

 

tetsutyler-durden.hatenablog.com

tetsutyler-durden.hatenablog.com

tetsutyler-durden.hatenablog.com

tetsutyler-durden.hatenablog.com

 

ドラマ『僕たちがやりました』第6話の見逃し動画を無料で見るならこちら