ドラマなブログ。

ドラマのキャスト・相関図・視聴率速報・あらすじ・ネタバレ・感想ブログです。俳優、女優、子役のプロフィール紹介、出演情報など。ドラマ主題歌、再放送予定など関連情報も。

『この声をきみに』3話あらすじネタバレ 感想 視聴率 朗読作品 氷菓 雨ニモマケズ くじらぐも 月夜の浜辺 ミムラと竹野内豊の離婚協議開始

2017年9月29日(金)放送のドラマ『この声をきみに』第3話のあらすじ、ネタバレ、感想、視聴率をレポートします。

 

ドラマ『この声をきみに』登場人物・出演キャスト

穂波 孝 演 - 竹野内豊

江崎 京子 演 - 麻生久美子

穂波 奈緒 演 - ミムラ

佐久良 宗親 演 - 柴田恭兵

柏原 喜巳子 演 - 堀内敬子

東原 正規 演 - 松岡充

稲葉 美鈴 演 - 大原櫻子

五島由紀夫 演 - 永瀬匡

熊川 絵里 演 - 趣里

河合 雄一 演 - 戸塚祥太

穂高定男 演 - 平泉成

八坂淳子 演 - 仁科亜希子

磯崎 和代 演 - 片桐はいり

福島 雅夫 演 - 杉本哲太

tetsutyler-durden.hatenablog.com

 

 

ドラマ『この声をきみに』あらすじ

大学で数学を教える穂波 孝(竹野内 豊)は、偏屈でさえない46歳。話すことが苦手で、学生からの人気もない。愛想を尽かした妻・奈緒(ミムラ)は子供と出て行ってしまう。ある日、学部長から「話し方教室」へ行くよう命じられた孝は、講師の江崎京子(麻生久美子)と出会う。「こんな偉そうな女に教われるか」という孝に、「つまらない男」と言い放つ京子。彼女の上司・佐久良(柴田恭兵)が仲裁に入るものの、険悪な雰囲気でふたりは別れる。しかし数日後、思わぬ場所で再会する。それは、町はずれの小さな朗読教室だった。

この声をきみに | NHK ドラマ10

   

ドラマ『この声をきみに』第3話 あらすじ

f:id:tetsutylor:20170925232834p:plain

孝(竹野内豊)と妻・奈緒(ミムラ)の離婚協議が始まった。孝の前で、奈緒は初めて離婚を決心した理由を語る。その怒りは、想像を遥かに超えた激しさで、孝は打ちのめされる。それでも孝はこどもたちの機嫌を取ろうと、息子が大好きな「くじらぐも」を読み聞かせることを思いつき、朗読教室に向かう。しかしプライドが高い孝は、京子(麻生久美子)に、こどものために詩の朗読を教えて欲しいとなかなか切り出せない…。

 

総合:2017年9月29日(金)よる10時

【再放送】総合:2017年10月5日(木)午前0時10分(水曜深夜)

 

 

ドラマ『この声をきみに』第3話に登場した朗読作品

「氷菓」作:室生犀星


「雨ニモマケズ」作:宮沢賢治


「くじらぐも」作:中川李枝子/絵:柿本幸造

 
「津軽」作:太宰治

 

 「月夜の浜辺」作:中原中也

 

ドラマ『この声をきみに』第3話 感想

放送後に掲載します。

 

ドラマ『この声をきみに』第3話 視聴率

放送後に掲載します。